「メドレー」通期決算:2025年に売上230億円目標、足元需要も拡大中

「メドレー」通期決算:2025年に売上230億円目標、足元需要も拡大中

注目企業 関連資料

医療人材サービスなどを手掛ける「メドレー」が2019年通期決算を発表しました。上場後初決算です。

売上高は47億6,500万円(前年比+62.5%)、営業利益は1億5,300万円(黒字転換)と急拡大を続けています。

メインの人材プラットフォームは、売上41億円を超えて+61%の拡大。将来にわたって期待される医療プラットフォームも5億3,600万円(+52%)と拡大が続いています。

今回は、昨年末に新規上場したばかりの「メドレー」通期決算について改めて整理するとともに、今後の展望についても考えてみたいと思います。

顧客事業所数が18.3万件

まず確認したいのは、メドレー全体の主要KPIの動向です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン