年60兆円の支出管理SaaS「Coupa Software」が面白い

年60兆円の支出管理SaaS「Coupa Software」が面白い

注目企業 関連資料

ビジネス支出管理SaaSを手がける「Coupa Software」が4Q決算を発表しました。

4Q売上は1.1億ドル(前年比+48.8%)。1年前は増収率が+40%を割っていたのがここにきて再加速していることがわかります。四半期の営業損失(GAAP)は△1,587万ドルと赤字。

SaaSの代表企業といえばSalesforceですが、Salesforceが「CRM(顧客関係管理:Customer Relationship Management)」サービスなのに対し、Coupaは「BSM(支出管理:Business Spending Management)」を提供しています。

大企業の購買プロセスは、承認などに大きな時間がかかってしまうもの。発注書の管理もバカになりません。支出状況の把握がどの企業にとっても重要なのは、言うまでもありません。

こうしたニーズを掴んでいるのが、CoupaのBSMプラットフォームです。先に言っておくと、成長している米国SaaS企業の中でも際立って面白い会社の一つだと感じました。

足元でCoupa Softwareがどんな状況にあるのか、決算報告の内容を整理してみましょう。

年5,000億ドル超を扱う経費管理SaaS

まず確認したいのは、Coupa Softwareの顧客数などの事業KPIです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン