電子契約「DocuSign」4Q決算:リテンション拡大で成長率衰えず

電子契約「DocuSign」4Q決算:リテンション拡大で成長率衰えず

決算まとめ 関連資料

電子署名プラットフォームのパイオニア「DocuSign」が4Q決算を発表しました。

四半期売上は2.75億ドルに達し、前年比+37.6%と高成長が続いています。2年前から増収率が全く鈍化していないのはスゴイところ。

同じく四半期の営業損失は△4,235万ドル。前年同期の△6,263万ドルから赤字の規模を大きく縮小させています。

DocuSignは電子署名・契約プラットフォームとしては代表的な存在ですが、直近では「Adobe Sign」を中心とした競合も目立っています。「契約」というプロセスはあらゆる企業が必要としますから、そのポテンシャルの大きさは明らか。

こうした中、DocuSignが足元でどんな取り組みを進めているのか、決算報告の内容を整理してみましょう。

法人顧客数が7.5万社(+34%)に

まず確認したいのは、DocuSignを利用する顧客数などのデータです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン