「ラクスル」2Q決算:新型コロナ影響も鑑み、来期までに黒字化を優先へ

「ラクスル」2Q決算:新型コロナ影響も鑑み、来期までに黒字化を優先へ

注目決算 関連資料

オンライン名刺サービスなどを手がける「ラクスル」が2Q決算を発表しました。

上半期の売上高は111億円を突破。前年比+48.7%という高成長が続いています。営業損失は△2.6億円。

売上構成をみると、印刷事業と運送事業、ともに高成長を続けています。運送事業は前年比2倍を超える拡大で、売上12億円に到達。

足元の市況が急展開を続ける中、ラクスルはどんな状況にあるのでしょうか。決算報告の内容を整理してみましょう。

『ラクスル』累計登録ユーザは108万人を突破

ラクスルの印刷事業には、名前通りオンラインで印刷を受注するサービスのほか、新聞折込・ポスティングなどの集客支援サービス、TVCMまでを取り扱っています。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。