綺麗な成長を見せる弁護士ドット・コム


弁護士ドットコムは2005年に設立され、2014年12月にマザーズに上場した企業である。同社は毎年売上を伸ばし、上場時の2014年時2.9億円だった売上は2016年では11.4億円と2年間で約3倍の成長を見せている。(下図)

 データ:弁護士ドットコムIR資料


営業利益、純利益も2014年にプラスに転じており、順調に推移している。(下図)

データ:弁護士ドットコムIR資料


企業データ:

○月間サイト訪問社数:約923万人
○累計の無料相談件数:43万件
○登録弁護士数:10,402名(国内弁護士の3人に1人が登録)
○ライトユーザー向けの「弁護士ドットコムニュース」657万人


ビジネスモデル:

簡単にどのように儲けているか記載しておく。


1.消費者向けの有料会員サービス月額課金300円 (下図)

法律など相談したし会員が月額300円を払えば、他ユーザーの法律相談投稿と 弁護士の回答を閲覧することができるようになっている。2016年3月時の有料会員が75,000人おり、毎月300円払っているのだ。

データ:弁護士ドットコムIR資料 


2.弁護士向けのマーケティングツール 

弁護士は2000年から「弁護士広告の解禁」と法律が緩和され、弁護士は自由にマーケティング活動を行えるようになった。インターネットの台頭により弁護士もHPページを構えるが問い合わせが来ないなどの問題を抱えていた。そこで弁護士ドット・コムに有料で登録すれば、法律の強みや専門性、ターゲティングや地域などを選んで、効率的にサイトで広告ができるサービスである。

弁護士の有料会員は月額20,000円〜登録が可能となっている。それの会員が約2,300人程いるのである。

弁護士が有料登録できるプランは下記:

ライトプラン スタンダート バリュー プレミアム
注力分野登録数 1分野 3分野 5分野 8分野
月額料金 20,000 30,000 40,000 50,000

データ:弁護士ドットコムIR資料


3.新規事業

 (i).税理士ドットコム、弁護士キャリアなど
  ○弁護士、税理士のマーケティング支援から経営支援へ支援領域を拡大


(ii).企業法務ポータルサイト「ビジネスロイヤーズ」のメディア力の向上

 ○日本の企業法務をリードする法律事務所を中心に約20事務所
 ○約450名の弁護士が登録 企業の法務部門、企業法務弁護士をメインターゲットとするコンテンツを提供


(iii).クラウドサインの導入企業数拡大

 ○2015年10月に開始された日本初のWeb完結型クラウド契約サービス。
 ○導入企業数3,800社。
 ○煩雑な契約書の処理をクラウドで管理できるサービス。