Talend S.A. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 11億321万5370 ドル
銘柄コード TLND(NASDAQ)

TalendのSAは、Apacheスパーク下のデータ指向の企業や統合プラットフォームのためのオープンソースの統合ソリューションのプロバイダーです。当社のプラットフォームは、リアルタイムで、またはバッチで、オンプレミスやクラウドでビッグデータまたは参照データをデータとアプリケーションを接続することができます。同社の商用製品データ・ファブリック、ビッグデータの統合、リアルタイムビッグデータ、データ準備、データ統合、クラウド統合、データ品質、アプリケーションの統合、マスター・データ管理およびメタデータマネージャがあります。その自由製品ビッグデータのためのオープンスタジオ、データ統合のためのオープンスタジオ、データ品質、ESBのためのオープンスタジオやMDMのためのオープンスタジオのオープンスタジオを含め、データ準備と才能をオープンスタジオです。その製品、Talendのデータ・ファブリックは、データプラットフォームです。 Talendのデータ・ファブリックは、共通の開発環境と管理を単一のプラットフォームでビッグデータ、データ統合、クラウド、参照データ管理、データの準備とアプリケーションの統合を兼ね備えています。

事業概要

Talendは、ソフトウェア機能と顧客支援サービスを提供する統合プラットフォームを提供している。具体的にはオープンソースソリューション『Talend Open Studio』と、有料ソリューションである『Talend Data Fabric』を提供している。その他、カスタマーサクセスサポートやプロフェッショナルサービスの提供も行う。

Talend Open Studio(オープンソースアプリケーション)

TalendのオープンソースプラットフォームであるTalend Open StudioはTalendのビジネス基盤であり、顧客はアプリケーションの多くを無料で利用することができる。Talend Open Studioは、1ユーザーのニーズを満たすように設計されている。複数のユーザーが使用する場合には、有料の拡張機能を購入する必要があり、Talend Open Studioによって顧客と接触し有料ソリューション購入の機会を高めている。

Talend Data Fabric(有料ソリューション)

Talend Data Fabricは、データ統合と整合性のプラットフォームである。組織に信頼できるデータを迅速に提供することで生産性を向上させ、クラウドやハイブリッド環境全体の幅広いデータマネジメントを可能にする。

Talend Data Fabricは以下のことを可能にする。

・収集

オンプレミスまたはクラウド内の任意のソースから任意の場所へデータを検出、取得、統合、標準化し、使用しやすいインターフェイスにより直感的なデータパイプラインを構築する。

・管理

データを簡単に管理し、機械学習によりデータの整合性を確保する。

・変換

バッチ処理とリアルタイム処理の両方を利用し、より効率的で高速なデータ変換を実現する。

・共有

信頼できるデータを社内外で共有し、APIやセルフサービス機能を利用してより良い洞察を得ることでデータユーザーに役立つ経験を作り出す。

SaaSとオンプレミス両方で提供され、オープンソースのTalend Open Studioプラットフォーム上に構築される。共同作業、継続的な統合、計画、監視などの特徴的な拡張機能を顧客に提供している。

カスタマーサクセスサポート

Talendは、サブスクリプションの顧客に対して、機能の開発や拡張、接続の更新などを行うメンテナンスとサポートサービスを提供している。技術サポートも提供しており、製品の実装から継続的な使用、移行時の問題の診断や解決が含まれている。カスタマーサクセスサポートには、サクセスマネージャーや定期的な評価、統合、データフローの設計、運用パフォーマンスに関するレポートの提供が含まれる。

プロフェッショナルサービス

TalendはTalend Professional Serviceとして、戦略的な構築・実装サポート及び顧客へのプライベート技術トレーニングコースを提供している。10カ国以上に拠点を置き、2019年には25カ国以上の数百の顧客をサポートしている。当プロフェッショナルサービスは、2019年収益の12%を占めている。

ビジネスモデル

顧客

2019年時点でTalendには、AstraZeneca、HP、Citi、General Electric、Lenovo、Lowe’s、Siemensなど世界60カ国以上に様々な顧客を持っている。金融、テクノロジー、通信、ヘルスケア、製造、小売などの幅広い業界を網羅している。2019年12月31日時点で、Talendが直接または認定セラーを通じて契約した有料サブスクリプションの顧客は4250社を超える。

マーケティング

Talendはソリューションの認知度と初期使用を高めるため、オープンソース版と無料使用版が主要な推進力だと考えている。Talendのオープンソースアプリケーションは300万回以上ダウンロードされており、Talend Data Fabric導入につながった。

セールス

Talendのソフトウェアとサービスは、直接販売部隊と間接販売パートナーの両方を通じて販売されている。2019年12月31日現在で、北米、ヨーロッパ、アジアの16カ国で直接販売を行なっている。あらゆる規模の組織に対してアプリケーションを販売しており、売上の大部分が直販部門を通じた販売となっている。

販売後は、顧客のソフトウェアの導入や顧客関係の維持、既存契約の更新、既存顧客内での販売拡大のため専任のサクセスチームがつく。顧客が継続的に成果を得られるような学習と効率的な実践のためのプラットフォームの提供を担当する。

経営戦略

Talendの成長戦略の要素は次の通りとなっている。

テクノロジーのリーダーシップを維持

TalendはTalend Data Fabricへの投資を継続して、市場の進歩に応じて新しい特徴、機能、アプリモジュールを革新、開発していく。

顧客基盤の拡大

Talendは、セルフサービスの導入と重量課金型の支払いモデルに焦点を当てることで、顧客基盤の拡大を目指している。チャネル関係をさらに発展させて、オープンユーザーと無料使用ユーザーを有料顧客に変換する。2019年12月31日時点で、4,250を超える顧客と593の企業顧客がおり、年間経常収益(ARR)は10万ドル以上であった。

既存の顧客基盤内での拡大

Talendの顧客は通常、特定の緊急のニーズのために最初の購入を行い、その後使用機会を拡大する。TalendはStitchを買収したことで、セルフサービスで購入できるクラウドアプリケーションがより広く市場に届くと考えている。

パートナーのエコシステムの拡大

Talendは、ビッグデータプロバイダーやクラウドプラットフォーム、アプリケーションプロバイダー、分析ソフトウェアプロバイダー、商用利用/OEMパートナー、システムインテグレーダー、VARにまたがるパートナーに継続的に投資し、強力なエコシステムを育む。

国際的に成長し続ける

Talendは、米国、フランス、ドイツ、中国、イギリス、インド、シンガポール、日本、カナダ、オーストラリア、スペイン、イタリア、アイルランド、オランダ、スウェーデン、スイス、デンマークに従業員がおり、今後もグローバル市場で拡大するために投資を継続する。