大豊建設の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 688億4800万 円
銘柄コード 1822(市場第一部(内国株))

大豊建設株式会社は、東京都中央区に本社をおく昭和24年設立の建設会社。経営理念は「顧客第一」「創造と開拓」「共生」「自己責任」。一般に有名な建築物の実績として新宿御苑ビルがある。また、環境事業としてトキ順化施設の建設や、宮島 白糸川の防災事業のほか、カンボジアでの小学校建設やマダガスカル国における大規模港湾工事などの実績がある。


1949年3月 旧満州国の大豊満ダムの建設に参画した技術陣を中心とし、その他満州、台湾及び朝鮮等の外地で活躍した土木、建築技術者を糾合し、資本金500万円をもって大豊建設株式会社を設立。爾後、建設業者として広く、土木・建築の業務に従事している。
1949年9月 建設業法制定による建設業者登録。
1952年3月 大豊式潜函工法の特許登録。
1956年8月 大豊塗装工業株式会社(子会社)を設立。
1962年2月 東京証券取引所市場第二部へ大豊建設株式を上場した。
1963年7月 大阪支店設置、以後業容の拡大に伴い全国に亘る営業の基盤を固めるため、1964年4月仙台支店、名古屋支店、1964年10月新潟支店、1967年6月札幌支店、広島支店、1969年8月横浜支店、1970年12月福岡支店を開設した。
1969年9月 大豊不動産株式会社(子会社)を設立。
1971年1月 ドルフィンドック工法の特許登録。
1972年8月 大豊建設株式が東京証券取引所市場第一部へ指定された。
1972年8月 東京都中央区新川一丁目に地下1階地上8階の新社屋完成、本社を移転した。
1972年12月 宅地建物取引業者免許を取得、免許証番号東京都知事(1)第23310号。
1973年12月 建設業法改正に伴い特定建設業許可を受けた。
1975年4月 黒岩石材工業株式会社を設立。
1981年6月 東京支店開設。
1984年4月 新潟支店を北陸支店に改称。
1984年6月 タイ大豊株式会社(子会社)を設立。
1984年11月 泥土加圧シールド工法の特許登録。
1987年4月 DOT工法(多連形泥土圧シールド工法)の特許登録。
1988年4月 進和機工株式会社(子会社)を設立。
1988年9月 タイ大豊商事株式会社(子会社の子会社)を設立。
1991年4月 札幌支店、仙台支店及び福岡支店を夫々北海道支店、東北支店及び九州支店に改称。
1992年11月 偏心多軸(DPLEX)シールド工法の特許登録。
1993年10月 DREAM工法(ニューマチックケーソン無人化システム工法)の特許登録。
1995年6月 神戸支店開設。
1996年2月 マダガスカル大豊株式会社(子会社)を設立。
1999年3月 ISO9001を全支店認証取得。
2000年10月 四国支店開設。
2001年3月 ISO14001を本支店一括認証取得。
2002年9月 NewDREAM工法の特許登録。
2004年3月 黒岩石材工業株式会社が旧株式会社森本組より営業譲渡を受け、株式会社森本組に改称。
2007年12月 神戸支店を神戸営業所に改称。
2008年12月 四国支店を四国営業所に改称。
2009年3月 創立60周年を迎えた。
2011年4月 東関東支店開設。
2018年4月 東京支店を東京土木支店と東京建築支店に再編。
2019年3月 創立70周年を迎えた。