ソフトマックスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 72億8100万 円
銘柄コード 3671(マザーズ(内国株))

ソフトマックス株式会社は東京都品川区に本社、鹿児島県鹿児島市に本店をおく企業。昭和49年、鹿児島市にてビクター計算機九州販売株式会社として設立。医事会計システム、オーダリングシステム、電子カルテシステム、Web型電子カルテシステムなどを公開し続け、平成25年東証マザーズに上場。現在はWeb型電子カルテ・医療会計などの自社開発のPlusUsシリーズを中核とし、診療支援・医療事務・部門支援など多様なソリューションを提供。


1974年1月 電算機、事務等機器、通信機器等の販売を目的として鹿児島市にビクター計算機九州販売株式会社を資本金120万円にて設立
1976年8月 株式会社ビクターターミナルシステムズに商号変更
1978年6月 株式会社鹿児島ビジネスコンピュータに商号変更
1978年8月 医事会計システムの開発・販売開始
1979年5月 コンピュータ機器の販売を目的として設立された株式会社宮崎ビジネスコンピュータ(宮崎市)を子会社化
1985年6月 コンピュータのソフトウェア開発及び販売を目的として株式会社スペック(鹿児島市)設立
1985年9月 医療情報システムの開発及び販売を目的として株式会社日本メディカルシステム(福岡市)設立
1986年4月 コンピュータ機器の販売を目的として設立された株式会社西日本ビジネスコンピュータ(久留米市)を子会社化
1998年6月 ハードウェアの開発を目的としてサイバーウェイ株式会社設立
2001年1月 株式会社鹿児島ビジネスコンピュータが株式会社宮崎ビジネスコンピュータ、株式会社西日本ビジネスコンピュータ、株式会社日本メディカルシステム、株式会社スペックのグループ4社を吸収合併しソフトマックス株式会社に商号変更
2002年4月 東京都台東区に東京支店を開設
2002年10月 オーダリングシステムの開発・販売開始
2004年2月 電子カルテシステムの販売開始
2004年4月 本社を東京都中央区に開設し同時に東京支店を移転
2006年4月 ソフトマックス株式会社がサイバーウェイ株式会社を吸収合併
2009年2月 東北地方におけるソフトマックス製品の拡販、立上導入指導及びサポートを目的としてヒューマンメディック株式会社(秋田市)設立
2011年4月 Web型電子カルテシステムの開発・販売開始
2011年5月 鹿児島市加治屋町に本店を移転
2012年2月 Web型電子カルテシステムの拡販を目的として株式会社ソーネット(大阪市)へ資本参加
2013年3月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2013年7月 製品ブランド名を「HONEST」から「PlusUs」へ変更
2013年11月 宮城県仙台市青葉区に仙台営業所(現、仙台出張所)を開設
2013年11月 株式会社リンクス(鹿児島市)がその他の関係会社へ
2013年12月 非連結子会社ヒューマンメディック株式会社が解散
2013年12月 秋田県秋田市に秋田営業所を開設
2016年2月 東京都品川区に本社及び東京支店を移転
2020年11月 北海道札幌市中央区に札幌営業所を開設