データホライゾン 沿革

銘柄コード

3628 (マザーズ(内国株))

時価総額

171億8700万円

データホライゾン 沿革

銘柄コード

3628 (マザーズ(内国株))

時価総額

171億8700万円

1982年3月 広島市中区鉄砲町において㈱ワイエス企画を設立。
1983年4月 ガソリンスタンド向け販売管理システムを開発、発売開始。
1985年4月 養豚場向け生産管理システム「システム・ザ・ポーク」を開発、発売開始。
1989年1月 保険薬局向け薬剤師支援システム「ぶんぎょうめいと」を開発、発売開始。
1993年8月 本社を広島市西区草津新町一丁目21番35号に移転。
1996年5月 医療関連データベースの作成を目的として、関連会社㈱医療情報研究所を設立。
1996年7月 病院向け処方監査システム「薬局応援団」を開発、発売開始。
2000年3月 商号を㈱ワイエス企画から㈱データホライゾンに変更。
2000年6月 病院向け在庫管理システム「WiT  HL」を開発、発売開始。
2000年10月 保険薬局向けのASPシステムの開発のために関連会社㈱イーメディカルを設立。
2000年12月 病院向けレセプトチェックシステムを開発、発売開始。
2001年3月 データホライゾンへの情報関連技術者の派遣およびシステムの受託開発を目的として、フィリピン共和国に子会社DATA HORIZON PHILS,INC.(現:子会社)を設立。
2001年6月 ISO9001(品質マネジメントシステム)認証を取得。
2001年10月 保険薬局向け薬剤師支援ASPシステム「アポバーン」を開発、発売開始。
2002年12月 保険薬局向け薬剤師支援ASPシステム「ぶんぎょうめいと+e」を開発、発売開始。
2003年4月 保健事業支援システムを開発、健康保険組合に発売開始。
2005年3月 ㈱イーメディカルの株式を取得し子会社とする。
2005年9月 JISQ15001(プライバシーマーク)認証を取得。
2006年3月 ㈱医療情報研究所の株式を取得し100%子会社とする。
2006年7月 ジェネリック医薬品通知サービスを開発、健康保険組合に提供開始。
2008年6月 ジェネリック医薬品通知サービスを、地方公共団体(国民健康保険)に提供開始。
2008年9月 東京証券取引所マザーズに株式を上場。
2009年7月 医療費分解解析装置、医療費分解解析方法およびコンピュータプログラムに関する特許(特許第4312757号)取得。
2010年6月 子会社㈱医療情報研究所を解散。
2011年6月 ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得。
2012年1月 合弁により㈱DPPヘルスパートナーズを設立。(現:連結子会社)
2012年10月 子会社㈱イーメディカルを解散。
2013年3月 子会社COSMOSYSTEMS㈱がコスモシステムズ㈱に商号変更。
2014年9月 首都圏を中心とした営業強化のため、東京オフィスを東京支店に昇格。
2014年10月 傷病管理システムに関する特許(特許第5203481号)取得。
2015年3月 子会社DATA HORIZON PHILS,INC.の解散を決議。
2016年1月 子会社コスモシステムズ㈱の全株式を㈱イーエムシステムズに譲渡。
2016年2月 総務省地方創生に資する地域情報化大賞「地域サービス創生部門賞」受賞。
2016年7月 北海道地方の営業強化のため、札幌オフィスを開設。
2017年4月 首都圏の営業拡大に対応するため、東京支店を移設と同時に東京本社に昇格。
2017年5月 レセプト分析システムおよび分析方法に関する特許(特許第5992234号)取得。
2019年7月 近畿・中部地方の営業強化のため、関西営業所を開設。