錢高組 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 334億5700万 円
銘柄コード 1811(市場第一部(内国株))

株式会社錢高組は、1705年創業の大阪市に本社をおく建設会社。社是は「信用第一、堅実経営、積極的精神、和親協同」。同社の社名と社章が野村胡堂氏の傑作小説「銭形平次捕物帳」のヒントとなった。一般に有名な建築物の施工実績として、大阪府の「光の教会」、吾妻橋、第一高等学校(現在の東京大学駒場キャンパスに当たる)、味の素スタジアムなど。