IAC/InterActiveCorp 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 106億2876万3534 ドル
銘柄コード IAC(NASDAQ)

沿革・会社概要

IAC/InterActiveCorp(アイエーシー)は、記事コンテンツ・映像コンテンツ、マッチングサービスなどをユーザーに提供している大手メディア・インターネット企業だ。ニュヨークに本社を置き、150以上のメディアブランドを傘下に収めている。1986年にSilver King Broadcasting Companyとして創業 。2012年に傘下のAsk.comがAbout.comを買収。現在もNASDAQに上場しており様々なメディアを運営している。

IACは当初、メディアと電子小売のハイブリッド企業であった。1986年にSilver King Broadcasting Company, Inc.の名前でデラウェア州で法人化されている。その後、数回の社名変更(最初はHSN, Inc.へ、次にUSA Networks, Inc.へ、USA InteractiveとInterActiveCorpへ、そして最終的にIAC/InterActiveCorpへ)を経て、数年の間に多くの重要な企業取引を完了し、IACはメディアおよびインターネットの大手企業へと変貌を遂げることに成功した。

M&A

IACは、1997年から2005年にかけて、Ticketmaster Group、Hotel Reservations Network(後にHotels.comに改名)、Expedia.com、Match.com、LendingTree、Hotwire、TripAdvisor、AskJeevesを含む数多くのEコマース企業を買収したことで、電子メディア事業を展開する企業としても存在感を示すようになった。

さらに、2005年には、旅行・旅行関連事業と投資の分離を完了し、Expedia, Inc.を子会社とすることに成功した。

2008年には、IACの中からIAC、HSN, Inc. (現在はQurate Retail, Inc.)、Interval Leisure Group, Inc.(現在はMarriott Vacations Worldwideの一部)、IAC, HSN, Inc. (現在はMarriott Vacations Worldwide Corporationの一部)、Ticketmaster (現在はLive Nation, Inc.の一部)、Tree.com, Inc.という5社が分離している。

2008年から2014年にわたって、Meetic、About.com(現Dotdash)、Dictionary.com、Investopediaなどへの投資・買収を継続し、2015年には、Plentyoffish Media Inc.を買収するなど、積極的に事業を拡大してきた。

さらに、2015年にはIACの子会社であったMatch Group, Inc.が新規株式公開(IPO)に成功している。

2016年および2017年には、IACが支配する新たな株式公開持株会社であるANGI Homeservices Inc.の下で、IACの旧ホームアドバイザー事業とAngie's List, Inc.の事業の統合を完了している。加えて、ANGI Homeservices Inc. Vimeoを通じて、プレミアム・オーバーザトップ(OTT)定額制動画チャンネルのプラットフォームであるVHXと、ライブ映像ソリューションのリーディングカンパニーであるLivestream Inc.の買収に成功した。

2018年には、ANGI Homeservicesを通じて、家庭向けサービスを探している消費者と、最高品質の独立系サービスの専門家をつなぐための米国有数のプラットフォームであるHandy Technologies, Inc.を買収した。倉庫、配送、引越し、データ入力、カスタマーサービスなどの分野で、派遣社員と従来のブルーカラーの仕事を結びつけるオンデマンド人材派遣プラットフォーム「BlueCrew」の支配権も取得している。

Dictionary.com事業、Electus社のテレビ事業(Notional社を含む)、Felix社とCityGrid社の事業については。2018年に売却されている。

2020年7月1日、IACはMatch Groupとの完全な分離、スピンオフを完了した

製品・サービス・ビジネスモデル

IACの主要な事業はマッチングサービスだ。Match Group(マッチングサービス事業)は、『Tinder』、『Match』、『PlentyOfFish』、『Meetic』、『OkCupid』、『OurTime』、『Pairs』、『Hinge』など、様々な出会い系ブランドのポートフォリオを運営しており、それぞれがユーザーが有意義なつながりを見つける可能性を高めている。

IACが保有・運営するアプリやウェブサイトを通じて、マッチングサービス事業は、世界中に出会い系商品を提供している。2018年12月31日現在、IACの出会い系商品の平均購読者数は約790万人(2018年12月31日に終了した年度の各日の終わりに当社の定額制の出会い系商品のいずれかを購入したユーザーの総数を、当該年度の暦日数で割ったものを合計して算出)でった。

デートをすることは、非常に個人的な努力であり、消費者はどのようなタイプのデート商品を選択するかを決定する多種多様な好みを持っているのが普通だ。その結果、IACは、幅広いユーザーにリーチするために、様々なブランドを保有するというポートフォリオアプローチを戦略として採用した。IACが保有・運営するブランドは、世界中のユーザーに40もの言語で提供されている。以下では、IACが保有する主要なブランドを紹介していく。

Tinder(ティンダー)

Tinderは2012年にスタートしたマッチングサービスで、限られたマーケティング費用の中で、オンライン・デート・カテゴリーの他のどの商品よりも急速に規模と人気を高め、現在では430万人以上の登録者を抱えるまでに成長している。Tinderの特徴的な「右スワイプ」機能は、これまでオンライン・デート・カテゴリーでは十分なサービスを受けていなかったミレニアル世代の間で大きな広がりを見せるなど、世界的に人気となった。日本でも、タレントとして活躍する水原希子氏をアンバサダーとして採用して利用を促すなど、積極的に広報活動を行ってきた。

Tinderはフリーミアムモデルを採用しており、「右スワイプ」機能の限定利用や他のユーザーとの無制限のコミュニケーションなど、Tinderのコア機能の多くを無料で楽しむことができるようにデザインされている。ただし、「右スワイプ」機能の無制限利用などのプレミアム機能を楽しむためには、Tinderのユーザーは、2015年初頭に発売された『Tinder Plusか、2017年夏の終わりに発売されたTinder Goldのいずれかに加入しなければならない。また、Tinderのユーザーや加入者は、「スーパーいいね!」や「ブースト」などの特定のプレミアム機能を有料で利用することもできる。

Match

マッチは1995年に開始され、オンライン・デート・カテゴリーの作成に貢献したサービスだ。位置情報ベースの技術を使用して、過去にすれ違ったことのある他のユーザーとの接続を可能にするMissed Connectionsなどの新機能により、ユーザーはより有意義なつながりを得ることができる。Matchは、関係を結ぶ意思の高いユーザーに焦点を当てたブランドであり、その製品とマーケティングは、そのアプローチを強化するように設計されている。Matchは、口コミトラフィック、リピート利用、有料マーケティングに大きく依存したサービスであり、利用者は限定的ではあるが、より出会いたいという志向の強いユーザーが利用している。

Plenty Of Fish

Plenty Of Fishは2003年に立ち上げられ、2015年10月に買収したマッチングサービスだ。Matchと同様に、その特徴的な機能として、プロフィールの検索とアルゴリズムマッチの両方を受信する機能がある。また、Tinderと同様に、Plenty Of Fishはフリーミアムモデルにも依存しており、長年にわたって人気を博してきた。Plenty Of Fishは、特に、米国中部、カナダ、英国、その他多くの国際市場で幅広く利用されているサービスだ。

Meetic

Meeticは、フランスに拠点を置くヨーロッパを代表するオンライン出会い系ブランドで、2001年に設立された。Matchと同様に、プロフィールを検索したり、アルゴリズムによるマッチングを受けたり、他の加入者や非加入者と一緒にライブイベント(Meeticが推進する)に参加したりすることができる。また、Matchと同様に、Meeticもユーザーの交際意向を重視したブランドであり、その製品とマーケティングはそのようなアプローチを強化するように設計されているため、口コミによるトラフィック、リピート利用、有料マーケティングに大きく依存したサービスとなっている。

2019年12月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2月28日)