清水建設の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 5882億3200万 円
銘柄コード 1803(市場第一部(内国株))

清水建設株式会社は、1804年(文化元年)創業の建設会社で、いわゆるスーパーゼネコンの一角。国内外に広く実績があり、一般に有名なものとしては東京国税局、読売新聞ビル、東急プラザ銀座、あみプレミアム・アウトレット、東京ドームホテル、東京競馬場、ハウステンボスなどがある。


1915年10月 資本金100万円をもって合資会社清水組を設立し,会社組織に変更した。
1928年2月 本店芝浦鐵工所を,合資会社東京鐵骨橋梁製作所として設立
1937年8月 株式会社清水組設立
1937年11月 合資会社清水組を合併
1939年5月 北海道支店開設
1945年5月 広島支店開設
1946年4月 仙台支店開設(現 東北支店)
1946年7月 北陸支店・四国支店開設
1946年8月 建設資材等の販売会社の丸喜産業株式会社(現 株式会社ミルックス)を設立
1947年3月 総合設備会社の第一設備工業株式会社を設立
1948年2月 清水建設株式会社と社名変更
1948年9月 合資会社東京鐵骨橋梁製作所を株式会社に変更
1949年6月 橋梁・鉄骨製作請負会社の株式会社片山鉄工所(2016年10月に株式会社東京鐵骨橋梁と経営統合)が,清水建設の関係会社となる。
1961年4月 清水建設株式を東京店頭市場に公開
1961年10月 清水建設株式を東京証券取引所市場第2部に上場
1962年2月 清水建設株式を東京証券取引所市場第1部に上場
1962年10月 清水建設株式を名古屋・大阪両証券取引所市場第1部に上場
1971年5月 不動産取引に関する業務を事業目的に追加した。
1980年4月 横浜支店開設
1982年6月 EC(エンジニアリング・コンストラクター)化に備えるため,定款の事業目的を追加した。
1986年4月 清水建設リフォームセンターを株式会社シミズリフォーム(現 株式会社シミズ・ビルライフケア)として設立
1987年4月 千葉支店開設
1988年4月 清水建設機械事業部を株式会社エスシー・リース・マシーナリ(現 株式会社エスシー・マシーナリ)として設立
1990年6月 資源エネルギー開発,環境整備等への業容拡大と,情報通信システム分野,医療用機械器具の販売,損害保険代理業等新規事業分野への展開に備えるため,定款の事業目的を追加した。
1991年4月 本店を東京都中央区から港区に移転神戸支店開設
1992年4月 東京支店・土木東京支店・関東支店開設
2000年6月 エネルギー供給事業,公共施設の企画・建設・保有などPFI事業等の展開に備えるため,定款の事業目的を追加した。
2000年11月 不動産会社の清水総合開発株式会社を設立
2006年6月 土壌浄化事業,温室効果ガス排出権の取引に関する事業等の展開に備えるため,定款の事業目的を追加するとともに,当面事業展開を予定しない事業目的を削除した。
2009年4月 海外支店と海外土木支店を統合し,国際支店に再編した。
2012年8月 本店を東京都港区から中央区に移転
2014年6月 自然共生事業の拡大を目指し,農林水産関連分野の事業展開に備えるため,定款の事業目的を追加した。
2015年7月 BSP(Building Service Provider)事業の強化・収益拡大を図るため,株式会社シミズ・ビルライフケアが,地域会社(東海・関西・九州)の3社を統合した。
2016年10月 橋梁事業と鉄骨事業の事業競争力・収益力の強化を目的に,株式会社東京鐵骨橋梁と片山ストラテック株式会社が,株式会社東京鐵骨橋梁(現 日本ファブテック株式会社)を分割承継会社,片山ストラテック株式会社を分割会社として経営統合した。
2020年3月 北米における事業拡大を目的に,北米事業の事業統括法人であるシミズ・アメリカ社を設立