クロスプラスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 61億9800万 円
銘柄コード 3320(市場第二部(内国株))

株式会社クロスプラスは名古屋市に本社をおく企業。1951年、辻村重治氏が婦人ブラウス製造卸を目的に名古屋で櫻屋商店として創業。2001年より商号をクロスプラス(株)に変更し、2004年東京証券取引所に上場。婦人服や子供服の企画・製造と卸売を行う。衣料品の一大生産地である中国に多数の協力工場を持ち、安定生産、品質向上に努めていることによる高い在庫回転率、幅広いネットワークを駆使して、トレンドを敏感につかむことによる企画力などが強み。


1951年8月 辻村重治が婦人ブラウスの製造卸売を目的として名古屋市中村区にて、櫻屋商店を創業
1953年4月 櫻屋商店を改組し、名古屋市中村区西柳町2-1に櫻屋商事株式会社を設立
1956年4月 東京都中央区日本橋蛎殻町4-6に東京支店を開設
1963年12月 名古屋市西区柳町3-19に本社ビル(現 HANANOKIビル)を完成、本社移転
1970年4月 事業部制(現 DIV(ディビジョン)システム)を導入
1980年10月 名古屋市西区花の木3-9-13に本社を移転
1986年7月 岐阜県海津市海津町高須町城跡1158にCP流通センターを開設
1994年8月 東京都中央区日本橋蛎殻町2-13-6に東京支店を移転
2000年9月 中国の上海及び青島に駐在員事務所を開設
2001年7月 岐阜県海津市海津町萱野130-2に中部センターを開設
2001年8月 商号をクロスプラス株式会社に変更
2002年8月 SPA等への販売を行う目的で、スタイリンク株式会社を設立
2003年2月 小売事業への展開を目的として、ノーツ株式会社を設立
2004年4月 東京証券取引所市場第二部及び名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場
2004年9月 中国上海市に客楽思普勒斯(上海)服飾整理有限公司(現 連結子会社)を設立
2005年3月 ノーツ株式会社が株式会社エー・ティーの株式を取得
2005年7月 ノーツ株式会社を存続会社として株式会社エー・ティーを吸収合併
2005年7月 中国青島市に客楽思普勒斯(上海)服飾整理有限公司・青島分公司を設立
2006年5月 株式会社ヴェント・インターナショナルの株式を取得
2006年11月 客楽思普勒斯(上海)時装貿易有限公司を設立
2007年10月 ノーツ株式会社を吸収合併
2008年12月 東京都中央区日本橋浜町3-3-2 トルナーレ日本橋浜町に東京支店を移転
2009年6月 中国上海市に客楽思普勒斯(上海)服飾有限公司を設立
2011年11月 客楽思普勒斯(上海)時装貿易有限公司を清算
2012年1月 株式会社ヴェント・インターナショナルがVENT HONG KONG LIMITEDを設立
2012年11月 ジュンコ シマダ ジャパン株式会社から事業譲受
2013年1月 ジュンコ シマダ ジャパン株式会社を清算
2015年10月 株式会社ヴェント・インターナショナルのリズリサ事業を営業譲渡
2016年12月 株式会社ヴェント・インターナショナルを清算
2017年6月 客楽思普勒斯(上海)服飾有限公司を清算
2018年2月 株式会社ディスカバリープラス(現 連結子会社)を設立
2018年9月 株式会社サードオフィス(現 連結子会社)の株式を取得
2019年7月 株式会社中初(現 連結子会社)の株式を取得
2021年1月 スタイリンク株式会社を清算