日本製麻の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 13億1100万 円
銘柄コード 3306(市場第二部(内国株))

日本製麻株式会社は富山県砺波市に本店、神戸市に本社をおく企業。昭和22年、中越紡織株式会社として設立し、昭和24年東京証券取引所に上場。昭和34年に従来の社名中越紡織株式会社を日本製麻株式会社と社名変更して黄麻紡績の一本化を完成。現在は黄麻製品の販売・重包装用紙袋、肥料用PE袋、ダンボール、フレコン等の包装資材などを扱う産業資材事業、グルテンフリーパスタなどを販売する食品事業、自動車用マットの製造事業を展開。


1949年5月 東京証券取引所に上場(資本金36,000,000円)。
1959年5月 日本製麻株式会社に社名変更。
1961年5月 黄麻製品の需要増大により兵庫県加古川市に麻袋生産専業の兵庫工場が完成し操業開始。
1969年9月 ジュート原料の原産地である東南アジアを拠点にジュート紡績工場の進出を計る。タイ国に100%出資子会社サラブリジュートミルを設立。
1971年12月 兵庫工場の隣接地にパスタ専門の関西工場完成。
1975年10月 黄麻袋需要減少により兵庫工場閉鎖。
1980年1月 サラブリジュートミルをオリエンタルジュートミルに社名変更(1984年3月売却)。
1985年3月 小麦粉ミックス粉製造設備として関西工場に新サイロ完成。和歌山県西牟婁郡白浜町にて鮎養殖場を操業開始。
1990年12月 ホテル「ニチマ倶楽部」営業開始。
1991年12月 関西工場売却(設備一式賃借により稼動)。ホテル・レストラン営業部門の営業譲渡。
1992年3月 ホテル「ニチマ倶楽部」売却。
1993年3月 富山県砺波市にパスタ及びレトルトソースの北陸工場完成。
1994年2月 関西工場閉鎖。
1995年4月 富山県砺波市に賃貸事業用不動産(多目的ホール等)完成。
1997年3月 タイ国サハキット ウィサーン カンパニー リミテッド(現連結子会社)が子会社となる。
1999年11月 「ホテル&レストラン ニチマ倶楽部」の営業を譲受け。砺波アーバンリゾート株式会社(連結子会社)の株式を全株取得し、子会社となる。
2010年3月 ホテル・レストラン事業の廃止。
2012年3月 水産事業の廃止。
2013年4月 砺波アーバンリゾート株式会社の清算結了。
2019年10月 連結子会社サハキット ウィサーン カンパニー リミテッドが、インドにおいてPCP Technologies Private Limited.との間で持分法適用関連会社である合弁会社(PCP Sahakit India Limited Liability Partnership.)を設立。