ホクト【1379】 歴史

市場

プライム市場

時価総額

645億8300万円

ホクト【1379】 歴史

市場

プライム市場

時価総額

645億8300万円

沿革

1964年7月 長野県長野市大字箱清水においてデラップス商事株式会社を設立し一般包装資材の販売を開始
1968年4月 きのこ栽培用のP.P(ポリプロピレン)ビンの製造を開始
1968年6月 長野県長野市大字南堀に本社を移転
1968年10月 長野県松本市に松本営業所(現:ホクト産業株式会社松本支店)を設置
1970年6月 新潟県新潟市に新潟営業所(現:ホクト産業株式会社新潟支店)を設置
1972年2月 ホクト産業株式会社(現:ホクト株式会社)に商号変更
1975年5月 長野県上田市に上田営業所(現:ホクト産業株式会社上田支店)を設置
1983年12月 長野県長野市にきのこ総合研究所を設置
1986年4月 えのきたけ新品種ホクトM-50を開発
1989年4月 長野県長野市に柳原きのこセンターを設置
1989年5月 福岡県八女郡広川町に広川きのこセンターを設置
1990年4月 有限会社更埴キノコセンターよりきのこ栽培部門譲受け、更埴きのこセンターを設置
1990年10月 ぶなしめじ新品種ホクト5号菌を開発
1991年4月 新潟県北蒲原郡紫雲寺町(現:新潟県新発田市)に新潟きのこセンターを設置
1991年6月 富山県婦負郡八尾町(現:富山県富山市)に富山きのこセンターを設置
1992年8月 ひらたけ新品種ホクトY-5を開発
1993年4月 福岡県八女市に八女きのこセンター(現:八女東きのこセンター)を設置
1994年11月 日本証券業協会に株式を店頭登録
1995年4月 北海道苫小牧市に苫小牧きのこ研究開発センターを設置
1995年8月 まいたけ新品種ホクトMY-75号、MY-95号を開発
1996年5月 福岡県八女郡黒木町(現:福岡県八女市)に黒木きのこセンターを設置
1997年5月 香川県大川郡大内町(現:香川県東かがわ市)に香川きのこセンターを設置
1997年12月 長野県上田市に上田営業所(現:ホクト産業株式会社上田支店)を新築移転
1999年2月 エリンギ新品種ホクトPLE-2号を開発
1999年4月 宮城県古川市(現:宮城県大崎市)に宮城きのこセンターを設置
1999年11月 東京証券取引所市場第一部に上場
2001年1月 静岡県小笠郡小笠町(現:静岡県菊川市)に静岡きのこセンターを設置
2002年3月 長野県大町市に大町きのこセンターを設置
2002年4月 東京支店、大阪支店を設置
2002年6月 福岡県三潴郡城島町(現:福岡県久留米市)に城島きのこセンターを設置
2002年7月 ブナピー新品種ホクト白1号菌を開発
2003年10月 ホクト株式会社に商号変更
2004年4月 化成品部門を分社化しホクト産業株式会社を設立
2005年4月 長野県長野市にホクトメディカル株式会社を設立
2006年7月 米国カリフォルニア州にHOKTO KINOKO COMPANYを設立
2006年8月 長野県長野市に赤沼きのこセンターを設置
2007年5月 長野県上田市に上田きのこセンターを設置
2008年10月 台湾屏東縣に台湾支店を設置
2009年9月 長野県佐久市に佐久きのこセンターを設置
2010年9月 福岡県八女市に福岡八女きのこセンター(現:八女きのこセンター)を設置
2011年3月 台湾屏東縣に台灣北斗生技股份有限公司を設立
2011年9月 長野県佐久市に佐久第二きのこセンターを設置
2012年9月 台灣北斗生技股份有限公司に第二きのこセンターを設置
2012年11月 マレーシアのネグリセンビラン州にHOKTO MALAYSIA SDN.BHD.を設立
2013年4月 ホクトメディカル株式会社を吸収合併
2013年8月 株式会社アーデンの株式を取得し、完全子会社化
2013年9月 長野県上田市に上田第二きのこセンターを設置
2014年9月 福岡県八女市に福岡八女第二きのこセンター(現:八女第二きのこセンター)を設置
2015年2月 マレーシアのネグリセンビラン州にきのこセンター設置
2016年4月 北海道苫小牧市の苫小牧第一きのこセンターを改修
2016年7月 タイのバンコクに駐在員事務所を設置
2016年9月 富山県富山市に富山きのこセンターを新築移転
2017年5月 株式会社サン・メディカ及びMushroom Wisdom,Inc.の株式を取得し、完全子会社化
2017年6月 長野県長野市南堀に本社新社屋を建設
2017年9月 長野県東筑摩郡山形村にホクト産業株式会社松本支店を新築移転
2018年9月 長野県小諸市に小諸きのこセンターを設置