バイタルケーエスケー・ホールディングスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 478億1700万 円
銘柄コード 3151(市場第一部(内国株))

株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングスは東京都世田谷区に本社をおく医薬品総合商社。1983年に鈴彦、村研薬品、朝日薬品の合併で誕生したサンエス、1946年新潟で設立されたニチエー、1870年上越市で創業した三栄薬品の3社が2001年に合併して設立されたバイタルネットと、1962年創業の錦城薬品、1848年創業のシンエー、1906年創業の協進が1999年に合併して設立されたけーエスケーの2社が2009年経営統合することにより誕生した。


2008年11月 株式会社バイタルネット(現・連結子会社)と株式会社ケーエスケー(現・連結子会社)が、株式移転により共同持株会社を設立することに合意し、契約書を締結
2009年1月 株式会社バイタルネットと株式会社ケーエスケーの臨時株主総会で、株式移転計画を承認
2009年4月 株式移転の方法により共同持株会社「株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス」を設立
2009年4月 東京証券取引所市場第一部に上場
2010年4月 株式会社VKシェアードサービスを設立
2014年1月 連結子会社の株式会社井上誠昌堂と株式会社ファイネス(現・持分法適用関連会社)が合併
2014年7月 連結子会社の株式会社バイタルネットが株式会社オオノ(現・連結子会社)を株式取得により子会社化(2018年7月に連結子会社の株式会社医療経営研究所が株式会社オオノを会社分割により子会社化)
2017年4月 株式会社VKシェアードサービスを吸収合併