東建コーポレーションの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1236億7300万 円
銘柄コード 1766(市場第一部(内国株))

東建コーポレーション株式会社は、土地の有効活用を提案する総合建設企業。土地のオーナーに建設会社ならではの専門技術を持って一貫したコンサルティングを行う。本社所在地は名古屋市。1976年設立。賃貸経営の新時代を担う規格商品の開発や、土地所有者向けのリース建築のほか、入居仲介や賃貸管理を行うホームメイトやネット広告事業、リフォーム事業なども展開する。


1976年11月 建設業法による愛知県知事登録(一般-51)第6301号を取得。
1977年7月 建築士法による一級建築士事務所を愛知県知事登録(い)第6078号により取得。
1979年1月 本社を愛知県刈谷市松栄町1丁目11番地8に移転。
1979年2月 建設業法による建設大臣登録(特-53)第8469号を取得。
1990年3月 ㈱東名商事から東名リース建設㈱へ商号変更。
1990年8月 名古屋市昭和区に㈱東通エィジェンシーを設立(現在、名古屋市中区に移転)。(現・連結子会社)
1992年5月 東名リース建設㈱から東建コーポレーション㈱へ商号変更、愛知県刈谷市松栄町1丁目10番地11に本社社屋を新築し、本社を移転。
1992年7月 ㈱ヨーロピアンハウス(1982年4月設立、愛知県刈谷市)、東建コーポレーション㈱(1991年9月設立、本社名古屋市昭和区)を吸収合併。
1993年7月 仲介専門店「ホームメイト」1号店を名古屋市名東区に「ホームメイト藤ヶ丘店」として新設。
1994年5月 名古屋市昭和区に㈱東通トラベルを設立(現在、名古屋市中区に移転)。(現・連結子会社)
1997年3月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
1998年3月 名古屋市昭和区に東建リーバ㈱を設立。
1999年1月 組織経営の効率向上を図るため、事業ブロック制組織を導入。
1999年7月 取締役会の活性化、経営の効率化を目的とし、業務執行役員制度を導入。愛知県刈谷市に東建リースファンド㈱を設立(現在、名古屋市中区に移転)。(現・連結子会社)
2002年3月 東京証券取引所、名古屋証券取引所の各市場第二部に同時上場。
2002年8月 東建リーバ㈱が中華人民共和国上海市に上海東販国際貿易有限公司を設立。(現・非連結子会社)
2003年2月 三重県桑名郡多度町(現在、三重県桑名市)に東建多度カントリー㈱を設立。(現・連結子会社)
2003年6月 東京証券取引所、名古屋証券取引所の各市場第一部銘柄に指定。
2004年9月 名古屋市中区丸の内二丁目1番33号に本社社屋を新築し、本社を移転。
2004年11月 名古屋市中区に東建リゾート・ジャパン㈱を設立。(現・連結子会社)
2004年12月 東京都中央区に㈲東建大津通A及び㈲東建大津通Bを設立。(現・連結子会社)
2005年2月 東京都中央区に㈲東通千種タワーを設立。
2005年5月 東建リーバ㈱がナスステンレス㈱(現・ナスラック㈱:連結子会社)を株式取得により子会社化。
2005年9月 第29回定時株主総会の決議により決算期を4月30日に変更。
2006年2月 名古屋市中区に東建ビル管理㈱を設立。(現・連結子会社)
2008年11月 ナスラック㈱が東建リーバ㈱を吸収合併。
2018年4月 名古屋市中区に一般財団法人刀剣ワールド財団を設立(現・非連結子会社)
2019年5月 ㈲東建大津通Bから㈱東通エステートに商号変更(現在、名古屋市中区に移転)。(現・連結子会社)
2019年8月 ㈱東通エステートが㈲東建大津通A及び㈲東通千種タワーを吸収合併。