ケイティケイの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 23億9300万 円
銘柄コード 3035(JASDAQ(スタンダード・内国株))

ケイティケイ株式会社は名古屋市に本社をおく会社。1971年にカトー特殊計紙株式会社として設立。1973年、自社ブランドとしてKTK計算機用記録紙(ロールペーパー)の販売を開始。1992年にはトナーカートリッジのリサイクル商品である「リパックトナー」の販売を本格的に開始。2006年JASDAQに上場。リパックトナー、リパックリボン等のリサイクル商品の販売、印字装置を中心としたOA機器に使用する消耗品、文具事務用品等の販売、インターネット、カタログによる通信販売を利用した商品等の販売を主な事業とする。


1973年4月 自社ブランドとしてKTK計算機用記録紙(ロールペーパー)の販売を開始。
1974年4月 本社を名古屋市東区泉二丁目21番27号に移転。
1977年3月 オンライン端末機用カセットリボンの巻替えによる再利用方法を開発し販売。
1979年8月 本社を名古屋市東区泉二丁目3番3号に移転。
1985年5月 インクリボン再生工場を愛知県春日井市に建設。
1988年11月 春日井配送センターを愛知県春日井市に開設。
1990年6月 インクリボンの再生業務拡大を目的に、株式会社アイオーテクノ(現生産本部)を設立。
1992年10月 トナーカートリッジのリサイクル商品であるリパックトナーの販売を本格的に開始。
1995年7月 株式会社アイオーテクノでトナーカートリッジの再生業務を開始。
1998年2月 株式会社アイオーテクノの株式を取得し100%子会社化。
1998年9月 長野県駒ヶ根市に駒ヶ根工場竣工。株式会社アイオーテクノにリパックトナーの委託生産。
2002年1月 株式会社アイオーテクノ駒ヶ根工場がISO14001の認証を取得。
2002年3月 本社、名古屋支店、株式会社アイオーテクノ駒ヶ根工場がISO9001の認証を取得。
2002年6月 株式会社アイテクノの株式を取得し100%子会社化。
2002年9月 株式会社アイテクノを合併し、同時に社名をケイティケイ株式会社に変更。
2004年2月 Web受注システム「ケイティケイ はっするネット」を開始。
2005年3月 「ケイティケイ はっするネット」コンタクトセンターを開設。
2006年4月 株式会社ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード))に株式を上場し、資本金を29,467万円に増資。
2006年6月 株式会社スワットビジネスの株式を取得し100%子会社化。
2007年5月 株式会社スワットビジネスを合併。
2009年7月 株式会社アイオーテクノ駒ヶ根工場がSTMC認証取得(再生トナーカートリッジの品質基準世界標準規格)。
2011年12月 E&Qマーク認証取得(日本カートリッジリサイクル工業会の管理基準)。
2012年6月 株式会社アイオーテクノがインクカートリッジにおける特許を取得。
2012年12月 株式会社青雲クラウンの株式を株式交換により取得し、100%子会社化。
2013年6月 株式会社青雲クラウンがSBMソリューション株式会社の株式を追加取得し、100%子会社化。
2013年12月 SBMソリューション株式会社の株式を取得し、100%子会社化。
2014年6月 株式会社キタブツ中部の株式を取得し、100%子会社化。
2016年2月 リパックトナー・リパックジェルインクの工場直売サイト「Repack★store」を開始。
2016年3月 ソリューション事業部を株式会社ケイティケイソリューションズとして新設分割し、当該株式の一部を譲渡。
2016年8月 株式会社アイオーテクノを合併。
2018年1月 「名古屋市ワーク・ライフ・バランス推進企業」を認証取得。
2018年2月 駒ヶ根物流センターを長野県駒ヶ根市に開設。
2019年8月 愛知県の「あいち女性輝きカンパニー」を認証取得。
2020年3月 株式会社青雲クラウンが株式会社エス・アンド・エスの株式を取得し、100%子会社化。
2020年9月 「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に貢献していくことを宣言。