Eastman Chemical Company 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 138億701万7000 ドル
銘柄コード EMN(NYSE)

事業内容とビジネスモデル

沿革・企業概要

Eastman Chemical Company(以下、Eastman)は、人々が日常的に使用するアイテムに含まれる幅広い製品を製造するグローバルな先端材料および特殊添加剤企業である。

Eastmanは、もともとEastman Kodak Companyの写真事業のための化学薬品の製造を目的として1920年に事業を開始した企業であり、1993年12月31日にデラウェア州で法人化され公開企業となった。Eastmanは50の製造施設と15カ国にある3つの製造合弁会社の持分を保有しており、世界中の顧客に製品を供給している。

Eastmanの本社と最大の製造施設はテネシー州キングスポートにある。Eastmanでは、専門事業の強力なポートフォリオにより、安全性と持続可能性へのコミットメントを維持しながら、革新的な製品とソリューションを提供するために顧客と協力して事業を行っている。

製品・サービス

Eastmanの事業は、「添加物および機能性製品」、「先端材料」、「化学中間体」、「繊維」という4つの事業セグメントで管理されている。独立した会社として設立された最初の数年間は、Eastmanはコモディティ事業とより専門性の高い化学事業の間で多角化されていた。しかし、2004年からは、不採算資産やコモディティの売却・廃止により、戦略を再考して、事業と製品ポートフォリオを変更した。

Eastmanは、2004年に樹脂・インク・モノマー製品群の売却、2007年にポリエチレン事業の売却、2007年から2010年にポリエチレンテレフタレートの資産・事業の売却を行った。その後、Eastmanは、買収と統合(2012年に機能材料および特殊化学品の世界的リーダーであるSolutia, Inc.の買収、2014年に特殊化学品の世界的リーダーであるTaminco Corporationの買収)により、より多くの専門事業や製品ラインの開発と買収、および新技術や強化された製品の有機的な開発と商業化による成長を追求してきた。

Eastmanは現在、世界クラスの技術プラットフォームを活用し、差別化されたアプリケーション開発能力を提供し、市場に絶え間なく働きかけることで構成されるイノベーション主導の成長モデルを採用している。Eastmanの世界クラスの技術プラットフォームは、研究開発(R&D)における大幅なスケールメリットと、有利なグローバル市場へのアクセスを通じた差別化された製品によって、持続的な成長の基盤を形成している。

差別化されたアプリケーション開発は、市場の複雑さを成長の機会に変え、Eastmanの製品の価値をより深く理解し、顧客やエンドユーザーの製品の中でどのように機能するかを理解することで、イノベーションを加速させる。アプリケーション開発の主な分野には、熱可塑性変換、機能性フィルム、コーティング剤配合、ゴム添加剤配合、接着剤配合、不織布および繊維、動物栄養、化学およびプラスチックのリサイクル技術などがある。

企業戦略

Eastmanの目標は、一貫した持続可能な収益成長と強力なキャッシュフローを実現し、優れたパフォーマンスを発揮するスペシャリティケミカル企業になることである。Eastmanの成長戦略に不可欠なのは、セルロース、アセチル、オレフィン、ポリエステル、およびアルキルアミンの各化学製品の分野で、これまで培ってきた専門知識と技術革新を活用することである。これらの「流れ」のそれぞれについて、Eastmanは、複数の製造ユニットや拠点での規模と統合を競争上の優位性とする資産と技術の組み合わせを開発し、取得してきた。

Eastmanは、差別化された製品を多様な市場や地域に販売し、既存および新規のニッチ市場で顧客や川下ユーザーと直接連携してニーズを満たすことで市場を開拓している。経営陣は、このイノベーション主導の成長モデルが、Eastmanの実証済みの技術力を活用して製品構成を改善し、専門事業を強化し、魅力的なニッチ市場でのリーダーシップを維持・拡大することで、安定した業績をもたらすものと確信している。