安藤・間の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1592億9900万 円
銘柄コード 1719(市場第一部(内国株))

安藤・間株式会社は、2013年に安藤建設とハザマが合併することにより設立された。土木建築工事の調査、測量、企画、設計、施工、監理や不動産取引および不動産の保有と利用、土壌の調査・浄化工事の請負、地域・都市開発および環境整備に関する企画・設計、発電および電気、熱等エネルギーの供給事業が主な事業内容。


1918年3月 資本金200万円をもって株式会社安藤組を設立、合名会社安藤組の営業譲渡を受けた。
1949年10月 建設業法により建設大臣登録(イ)730号の登録を受けた。
1961年10月 株式を東京証券取引所市場第二部へ上場。
1962年3月 社名を安藤建設株式会社に変更。
1963年8月 東京証券取引所市場第一部指定。
1973年1月 宅地建物取引業者免許「建設大臣(1)第1392号」を取得。
1973年10月 建設業法により「建設大臣許可(特-48)第1850号」を取得。
1983年12月 本店を東京都中央区から東京都港区へと移転。
2003年10月 旧ハザマ(青山管財株式会社)の会社分割により建設事業部門の承継会社として設立。
2003年10月 東京証券取引所市場第一部に上場。
2003年10月 建設業許可「国土交通大臣許可(特-15)第20330号」ならびに宅地建物取引業免許「東京都知事(1)第82456号」を取得。
2005年5月 本店等を東京都港区北青山二丁目5番8号から、港区虎ノ門二丁目2番5号へと移転。