タビオの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 71億8200万 円
銘柄コード 2668(市場第二部(内国株))

タビオ株式会社は、大阪市浪速区に本社をおく企業。1968年に越智直正氏が勤めていた会社を辞め、同僚と3人で靴下専門卸問屋を創業したのがはじまり。その後、自社企画商品を扱うようになり、専門化を推進。女性専科の「三愛」、「鈴屋」、「玉屋」との取引を始める。1984年には「靴下屋」を開始、2000年に大阪二部に上場。「靴下屋」「Tabio」などの靴下ブランドを展開。


1981年9月 東京営業所を東京都多摩市に開設。
1982年9月 直営第1号店を神戸市中央区三宮町に開設。
1984年11月 フランチャイズチェーン第1号店として、『靴下屋』久留米店を開設。
1986年7月 本社を大阪市平野区長吉長原西に移転。
1987年6月 商品の研究開発を目的として、「中央研究所」を奈良県北葛城郡広陵町に新設。
1988年3月 『靴下屋』全店にPOSシステムを導入。
1990年3月 新業態として百貨店・直営店を中心とした「ショセッティア事業部」(現「ショセット関連部門」)を新設。同時に「代官山事務所」を東京都渋谷区代官山町に開設。
1992年4月 靴下の試験研究と物流業務を目的に、仕入先5社と共同出資で、「協同組合靴下屋共栄会」(現 連結子会社)を奈良県北葛城郡広陵町に設立。
1994年1月 「協同組合靴下屋共栄会」に商品保管及び出庫業務を委託。
1994年8月 低価格・高品質の商品仕入を目的として、中国上海市に丸紅繊維洋品株式会社(現 丸紅インテックス株式会社)、丸紅株式会社と共同出資で、「上海通暖紅針織有限公司」を設立。
1995年1月 東京営業所を東京都渋谷区桜丘町に移転。
1999年2月 「代官山事務所」を東京営業所に統合。
2000年10月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
2001年3月 靴下製造関連機械の研究・開発を目的として、「S.V.R.技術開発センター」を奈良県北葛城郡広陵町に開設。
2001年7月 イギリス ロンドンに子会社、「DANSOX UK Co.,Ltd」を設立。
2002年3月 海外での直営第1号店として、靴下専門店『タビオ』をイギリス ロンドンに開設。
2006年9月 企業イメージの向上と世界的なプレミアムブランドの確立を目的として、商号を「株式会社ダン」から「タビオ株式会社」、「DANSOX UK Co.,Ltd」から「Tabio Europe Limited」に変更。
2006年9月 「協同組合靴下屋共栄会」において、靴下の品質管理の強化を目的に「検査・研究棟」を奈良県北葛城郡広陵町に建設。
2007年6月 「協同組合靴下屋共栄会」を「タビオ奈良株式会社」に組織及び商号変更。
2008年6月 フランス パリに子会社、「Tabio France S.A.R.L.」(現 連結子会社 以下「タビオ・フランス」という)を設立。
2010年3月 東京営業所を東京支店に改称。
2010年3月 本社を大阪市浪速区難波中に移転。
2010年11月 新基幹システムを導入。
2012年2月 東京支店を東京都渋谷区渋谷に移転。
2012年4月 「タビオ・フランス」の会社形態を「Tabio France S.A.S.」に変更。
2012年4月 「上海通暖紅針織有限公司」を清算結了。
2012年6月 フランス パリに子会社、「Tabio Retail S.A.S.」(現 連結子会社)を設立。
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、大阪証券取引所市場第二部は、東京証券取引所市場第二部に統合。
2016年9月 イギリス ロンドンにイギリス支店を開設し、「Tabio Europe Limited」より営業譲受。
2017年5月 「Tabio Europe Limited」を清算結了。
2021年2月 直営店177店舗、フランチャイズチェーン店96店舗、合計273店舗となる。