カワチ薬品の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 559億7600万 円
銘柄コード 2664(市場第一部(内国株))

株式会社カワチ薬品は、栃木県小山市に本社をおく企業。1967年に有限会社河内薬品として設立。1986年にはプライベートブランド商品の開発及び販売を開始。店舗面積400-1000坪のメガ・ドラッグストアを展開。1996年には調剤薬局併設型メガ・ドラッグストアを完成させ、2002年東証一部に上場。関東、東北、中部地方を中心に約300店舗のドラッグストアを展開。ストアコンセプトは「ショートタイムショッピング」「ワンストップショッピング」「エブリデイロープライス」。


1967年4月 有限会社 河内薬品を設立。
1980年7月 株式会社カワチ薬品に改組。(資本金 2,200万円 保有店舗数12店舗)
1982年3月 本社を現在の栃木県小山市に移転。
1984年10月 栃木県宇都宮市の三の沢店にカワチ薬品初のPOS(販売時点情報管理システム)レジを導入。
1986年4月 プライベートブランド商品の開発及び販売を開始。
1986年10月 埼玉県久喜市に久喜店を設置。埼玉県への出店開始。
1989年11月 群馬県伊勢崎市に伊勢崎店を設置。群馬県への出店開始。
1990年12月 全店POS(販売時点情報管理システム)化計画を開始。
1992年1月 福島県福島市に鎌田店を設置。福島県への出店開始。
1992年4月 栃木県宇都宮市の川俣店を増床し、売場面積300坪型のドラッグストアを設置。
1992年10月 茨城県日立市の田尻店を増床し、売場面積400坪型のメガ・ドラッグストアを設置。
1994年3月 EOS(電子発注システム)を導入。
1995年4月 福島県白河市に売場面積700坪型のメガ・ドラッグストア、白河店を設置。
1996年10月 茨城県日立市の田尻店に初の調剤薬局を併設。調剤事業を開始。
1999年8月 群馬県富岡市に、調剤薬局を組み入れた売場面積1,000坪型のメガ・ドラッグストア、富岡店を設置。
2000年4月 矢板南店が、福祉用具貸与事業所に指定され事業開始。
2000年6月 千葉県千葉市におゆみ野店を設置。千葉県への出店開始。
2000年9月 店頭売買有価証券として日本証券業協会(現東証JASDAQ)へ登録。
2000年11月 山形県山形市に山形南店を設置。山形県への出店開始。
2002年7月 岩手県盛岡市に盛岡みたけ店を設置。岩手県への出店開始。
2002年11月 新潟県長岡市に長岡店を設置。新潟県への出店開始。
2002年12月 東京証券取引所市場第一部へ上場。
2003年6月 長野県佐久市に佐久平店を設置。長野県への出店開始。
2005年8月 東京都多摩市に多摩ニュータウン店を設置。東京都への出店開始。
2006年12月 茨城県に本社を置く株式会社倉持薬局を完全子会社化。
2007年2月 静岡県静岡市に清水鳥坂店を設置。静岡県への出店開始。
2008年2月 山梨県甲府市に小瀬店を設置。山梨県への出店開始。
2008年4月 神奈川県川崎市にはるひ野店を設置。神奈川県への出店開始。
2011年3月 関東物流センター稼働。
2012年10月 東北物流センター稼働。
2014年1月 青森県に本社を置く株式会社横浜ファーマシーを完全子会社化。
2014年3月 子会社の株式会社倉持薬局を吸収合併。