オリエンタルコンサルタンツホールディングスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 138億3400万 円
銘柄コード 2498(JASDAQ(スタンダード・内国株))

2006年5月 ㈱オリエンタルコンサルタンツ取締役会において、持株会社の設立を決議
2006年7月 ㈱オリエンタルコンサルタンツ定時株主総会において、株式移転により完全親会社であるの設立を承認、決議
2006年8月 設立、ジャスダック証券取引所に上場
2006年9月 ㈱アサノ建工を子会社化
2006年10月 事業執行の効率化を図るため、㈱オリエス西日本を㈱オリエスセンターに吸収合併
2006年12月 ㈱水建設コンサルタントを㈱オリエンタルコンサルタンツに吸収合併
2007年1月 ㈱オリエンタルコンサルタンツの子会社の株式取得・完全子会社化
2007年3月 大成基礎設計㈱の株式を取得し、完全子会社化
2007年4月 吉井システムリサーチ㈱の株式を取得し、完全子会社化
2007年5月 ㈱総合環境テクノロジーを設立
2007年10月 ㈱国土情報技術研究所、㈱オリエス総合研究所及び㈱オリエス交通情報サービスを㈱オリエスセンターに吸収合併
2008年8月 ㈱オリエンタルコンサルタンツが、㈱パシフィックコンサルタンツインターナショナルより海外コンサルタント事業を譲受け
2008年10月 東京都渋谷区本町三丁目12番1号に移転
2009年1月 ㈱オリエスセンターを㈱ワールドに吸収合併し、合併後の名称を㈱エイテック(現連結子会社)に変更
2010年4月 ㈱総合環境テクノロジーを大成基礎設計㈱に吸収合併
2011年10月 ㈱オリエスシェアードサービスを吉井システムリサーチ㈱に吸収合併し、合併後の名称を㈱リサーチアンドソリューション(現連結子会社)に変更
2011年12月 ㈱アサノ建工を大成基礎設計㈱に吸収合併し、合併後の名称を㈱アサノ大成基礎エンジニアリング(現連結子会社)に変更
2012年3月 パシフィックコンサルタンツグループ㈱との合弁で、㈱InterActを設立
2012年9月 カタール国ドーハに、Oriental Consultants Gulf LLC(現非連結子会社)を設立
2013年6月 インド国デリーに、Oriental Consultants India Private Limited(現非連結子会社)を設立
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
2013年11月 株式会社ジェーエステック(現連結子会社)の株式を取得、完全子会社化
2014年3月 ミャンマー国ヤンゴンに、Oriental Consultants Japan co.,Ltd.(現非連結子会社)を設立
2014年4月 車両に関するトータルサービスを提供するため株式会社トータルフリートサービス(現連結子会社)を設立
2014年6月 グループの海外市場におけるリーディングカンパニーとして、株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル(現連結子会社)を設立
2014年6月 インドネシア国ジャカルタに、PT.Oriental Consultants Indonesia(現非連結子会社)を設立
2015年10月 株式会社白山瀬波(現非連結子会社)を設立
2015年11月 一般社団法人未知倶楽部(現非連結子会社)を設立