吉野家ホールディングス 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1286億9600万 円
銘柄コード 9861(市場第一部(内国株))

株式会社吉野家ホールディングスは、東京都中央区に本社を置く企業。1899年に東京都中央区日本橋にあった魚市場に個人商店として吉野家を創業。1958年に牛丼屋の企業化を目指し株式会社吉野家を設立。1973年に米国に牛肉の買い付けを目的としたUSA吉野家を設立。1980年に会社更生手続きを行い、1983年にセゾングループが資本参加、1987年に更生債権100億円を完全返済。1988年に台湾に進出。1991年に香港に出展、1992年に北京に出展。2000年に東証一部に上場。2012年に吉野家海外店舗が500店になる。

略史

1958年に(株)吉野家として設立。1968年よりチェーン展開による多店舗化を目指し、新橋に「吉野家」2号店をオープンした。

1980年には事実上の経営破綻となり、会社更生手続を行なったことがある。1990年、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録。2000年には東証一部に上場。

1988年にはダンキンドーナツを展開する(株)ディー・アンド・シーを吸収合併したが、1998年にダンキンドーナツ事業から撤退。 1999年には更生会社の「京樽」の株式を取得。2004年にはうどん店「はなまる」を株式も取得している。

2011年、2012年にそれぞれ「京樽」「はなまる」を完全子会社化。ステーキレストランなどを運営する「アークミール」について、2020年2月に安楽亭に全株式を譲渡した。

事業内容

現在の主な事業は、牛丼チェーン「吉野家」とうどん店「はなまる」の展開。寿司のテイクアウト・回転寿司レストランを営む「京樽」も運営している。

吉野家

吉野家は、時に「国民的」とまで言われる超有名な牛丼チェーン。牛丼といえば「吉野家」、というくらい広く浸透している。

吉野家の店舗数推移

吉野家の店舗数は、国内と海外合わせて2,164店舗(2019年末時点)。国内店舗数は1,210店舗であるが、この10年間ほとんど増えてはいない。

反対に、成長著しいのが海外吉野家である。足元では954店舗に達し、前年比100店舗近い積極出店を続けている。 海外への出店で最も店舗が多いのは「中国」で、北京だけで258店舗を出店している。

その他ではアメリカ(103店舗)、インドネシア(115店舗)が多い。