イーレックスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1823億9800万 円
銘柄コード 9517(市場第一部(内国株))

イーレックス株式会社は、東京都中央区に本社を置く企業。1999年に設立、2000年から事業を開始した。現在は電力販売発電エネルギートレーディング(バイオマス燃料と電力の卸取引)などを行っている。発電の関連会社は土佐発電所、土佐発電所、豊前発電所、佐伯バイオマスセンター、豊前バイオマスセンター、大船渡発電株式会社などがある。燃料・電力のトレーディングを最適化する事で、顧客にとってとって価値ある取引を目指いる。


1999年12月 日短エクスコ株式会社が事業多角化の一環として、電力事業を行う子会社「日短エナジー株式会社」を東京都中央区日本橋本石町にて設立
2000年7月 「イーレックス株式会社」へ社名変更
2001年1月 経済産業省へ「特定規模電気事業者」の届出
2001年4月 九州地区電力小売開始
2001年11月 関東地区電力小売開始
2002年7月 五井コーストエナジー株式会社(以下「GCE」という。)設立に参画
2003年3月 有限責任中間法人 日本卸電力取引所(現 一般社団法人 日本卸電力取引所)の社員として設立に参画
2004年6月 GCE五井発電所 商業運転開始
2005年4月 一般社団法人 日本卸電力取引所の取引会員として登録
2010年2月 東北地区電力小売開始
2012年4月 固定価格買取制度を活用した発電事業を行うため、イーレックス連結子会社としてイーレックスニューエナジー株式会社設立
2013年6月 イーレックスニューエナジー株式会社 土佐発電所 商業運転開始
2014年4月 中部地区電力小売開始
2014年7月 固定価格買取制度を活用した発電事業を行うため、イーレックス連結子会社としてイーレックスニューエナジー佐伯株式会社設立
2014年12月 東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場
2015年4月 関西地区電力小売開始
2015年8月 佐伯バイオマスセンター株式会社設立
2015年9月 イーレックス販売1号株式会社(現 イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社)、イーレックス販売2号株式会社(旧 イーレックス・スパーク・エリアマーケティング株式会社)、イーレックス販売3号株式会社(現 エバーグリーン・マーケティング株式会社)設立
2015年10月 イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社、イーレックス・スパーク・エリアマーケティング株式会社、イーレックス販売3号株式会社の「小売電気事業者」登録完了
2015年12月 中国地区電力小売開始
2016年4月 東京証券取引所市場第一部へ市場変更
2016年10月 低圧分野における電力小売自由化に伴い、イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社及びイーレックス・スパーク・エリアマーケティング株式会社が低圧分野における電力供給を開始
2016年11月 株式会社沖縄ガスニューパワー設立
2017年4月 株式会社沖縄ガスニューパワーにて沖縄地区電力小売開始
2017年6月 豊前ニューエナジー合同会社及び豊前バイオマスセンター株式会社設立
2017年7月 イーレックスニューエナジー佐伯株式会社 佐伯発電所 商業運転開始
2018年3月 四国地区電力小売開始
2018年4月 eREX Singapore PTE.LTD.設立
2018年11月 沖縄うるまニューエナジー株式会社設立
2019年3月 イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社がイーレックス・スパーク・エリアマーケティング株式会社を吸収合併
2019年10月 北海道地区電力販売開始
2020年1月 豊前ニューエナジー合同会社 豊前バイオマス発電所 商業運転開始
2020年4月 イーレックス・ビジネスサービス合同会社設立
2020年6月 大船渡発電株式会社 大船渡バイオマス発電所 商業運転開始