日本航空【9201】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

9341億7600万円

日本航空【9201】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

9341億7600万円

沿革

1951年8月 日本航空株式会社(旧会社)が資本金1億円をもって設立。翌年10月から自主運航による国内線定期航空輸送事業を開始。
1953年10月 日本航空株式会社法(昭和28年法律第154号)の定めるところにより、20億円の資本金をもって日本航空株式会社が設立。
1954年2月 国内幹線の運営にあたるとともにわが国唯一の国際線定期航空運送事業の免許会社となる。
1960年8月 東京~ホノルル~サンフランシスコ線開設により、本邦企業初の国際線定期輸送を開始。
1961年6月 初のジェット旅客機であるダグラスDC-8型航空機就航。
1961年10月 北周り欧州線開設。
1963年10月 証券取引所(東京、大阪、名古屋)市場第二部に上場。
1964年4月 日本航空整備株式会社を吸収合併。
1965年1月 日東航空株式会社、富士航空株式会社、北日本航空株式会社の合併により日本国内航空株式会社設立。
1966年11月 ジャルパック販売開始。
1967年3月 ニューヨーク線開設。
1970年2月 世界一周路線(西回り)開設。
1970年7月 証券取引所(東京、大阪、名古屋)市場第一部に指定。
1971年5月 ボーイング747型航空機(ジャンボジェット)就航。
1975年8月 日本国内航空株式会社と東亜航空株式会社の合併により東亜国内航空株式会社設立。
1987年11月 国際航空運送協会(IATA)統計で旅客・貨物輸送実績世界一に。
1988年4月 (1987年まで5年間世界一を維持)
1993年1月 完全民営化。
2002年9月 東亜国内航空株式会社が株式会社日本エアシステムに社名変更。
2002年10月 マイレージプログラム導入。
2004年4月 日本航空と株式会社日本エアシステムの株式移転により、株式会社日本航空システムを設立したことに伴い、証券取引所(東京、大阪、名古屋)市場第一部から上場廃止。
2004年4月 株式会社日本航空システムが証券取引所(東京、大阪、名古屋)市場第一部に上場。
2004年6月 日本航空と株式会社日本エアシステムがそれぞれ株式会社日本航空インターナショナル及び株式会社日本航空ジャパンに商号変更。あわせて日本航空が国際旅客事業及び貨物事業を担い、株式会社日本航空ジャパンが国内旅客事業を担う体制に事業再編。
2006年10月 簡易株式交換により、日本アジア航空株式会社を完全子会社化。
2007年4月 株式会社日本航空システムの商号を株式会社日本航空に変更。
2008年4月 日本航空と株式会社日本航空ジャパンが合併。
2010年1月 日本航空、株式会社日本航空、株式会社ジャルキャピタルの3社が会社更生手続申立。
2010年2月 会社更生手続の申立に伴い、株式会社日本航空が証券取引所(東京、大阪、名古屋)市場第一部から上場廃止。
2010年11月 更生計画認可決定。
2010年12月 株式会社日本航空を日本航空が吸収合併。同時に、国際線のグループ航空会社である株式会社ジャルウェイズ他2社を合併。
2011年3月 会社更生手続の終結。
2011年4月 日本航空の商号を株式会社日本航空インターナショナルから日本航空株式会社に変更。
2011年4月 アメリカン航空との共同事業開始。
2012年9月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
2012年10月 ブリティッシュ・エアウェイズとの共同事業開始。
2014年4月 フィンエアーとの共同事業開始。
2014年10月 日本航空と株式会社ジャルエクスプレスが合併。
2014年10月 株式取得により株式会社北海道エアシステムを子会社化。
2016年10月 イベリア航空との共同事業開始。
2017年11月 旅客基幹システムを全面的に刷新。
2018年7月 国際線中長距離ローコストキャリア準備会社 株式会社ティー・ビー・エル