日本郵船【9101】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

1兆3859億4900万円

日本郵船【9101】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

1兆3859億4900万円

沿革

1885年9月 郵便汽船三菱会社と共同運輸会社の合併により、日本郵船会社を設立、10月創業、資本金11,000千円、所有船舶69隻、72,922総屯
1926年3月 第二東洋汽船㈱を合併
1942年3月 戦時海運管理令施行(1942年4月 船舶運営会社設立)
1943年6月  三菱汽船㈱設立(三菱商事船舶部を分離独立)
1945年8月 終戦、所有船舶37隻、155,469総屯に減少
1949年4月 極東海運㈱設立(1949年2月 三菱汽船㈱解散、1949年4月 新たに極東海運㈱設立、1949年6月 三菱海運㈱と改称)
1949年5月 東京、大阪、名古屋の3証券取引所へ上場
1949年6月 広島証券取引所へ上場
1949年7月 福岡、京都、新潟の3証券取引所へ上場
1950年4月 海運の民営還元実施、札幌証券取引所へ上場
1964年4月 海運再建整備に関する臨時措置法に基づき、三菱海運㈱と合併、合併後の所有船舶87隻、781,011総屯、1,114,983重量屯
1969年4月 近海、内航部門を近海郵船㈱に委譲
1973年7月 フランクフルト証券取引所へ上場
1978年9月 日本貨物航空㈱(NCA)設立
1990年9月 郵船クルーズ㈱発足
1991年10月 日本ライナーシステム㈱と合併、ニューヨーク、韓国・日本/カリフォルニア、香港・台湾/カリフォルニア、極東・日本/北米西岸、豪州、極東/東南豪州、ニュージーランド、中東・ガルフ、中米・カリブ、日本/バンコクの10航路を承継
1996年11月 郵船航空サービス㈱、株式を店頭公開
1998年10月 昭和海運㈱と合併、合併により社船3隻、549,031重量屯、傭船75隻、6,140,134重量屯承継
2000年3月 新潟証券取引所及び広島証券取引所、東京証券取引所と合併のため上場廃止
2001年2月 株式交換により日之出汽船㈱を完全子会社化
2001年3月 京都証券取引所、大阪証券取引所と合併のため上場廃止
2001年10月 在来船事業を分割し日之出汽船㈱に集約
2001年12月 株式買い取りにより東朋海運㈱を完全子会社化
2002年8月 株式交換により東京船舶㈱を完全子会社化
2002年10月 ハンディバルカー事業を分割、東朋海運㈱に集約(分割に際し、NYKグローバルバルク㈱に商号変更)
2003年1月 株式交換により日本クリーニング㈱を完全子会社化
2003年3月 日本クリーニング㈱を吸収合併
2003年10月 分社型新設分割により新設した近海郵船物流㈱に国内倉庫及び内航RORO船貸渡に係る営業を承継
2004年1月 札幌証券取引所及び福岡証券取引所上場廃止
2004年9月 NYK LINE JAPAN㈱設立
2005年1月 フランクフルト証券取引所上場廃止
2005年2月 郵船航空サービス㈱、東京証券取引所(市場第一部)に上場
2005年4月 日之出郵船㈱に南太平洋3航路事業に係る営業を分割
2005年8月 日本貨物航空㈱(NCA)を連結子会社化
2006年5月 グローバルロジスティックスインベストメンツ㈱を簡易吸収合併
2006年6月 スポンサー付きADR(米国預託証券)を発行
2006年9月 2026年満期ユーロ円建現金決済条項及び転換制限条項付転換社債型新株予約権付社債を発行
2009年6月 吸収分割により不動産事業の一部を日本郵船完全子会社の郵船不動産㈱に承継
2009年12月 株式交換により太平洋海運㈱を完全子会社化
2010年10月 太平洋海運㈱を吸収合併
2010年11月 アジア域内コンテナ事業を東京船舶㈱より譲受け
2013年7月 NYK LINE JAPAN㈱、NYK CONTAINER LINE㈱に商号変更
2013年10月 大阪証券取引所、東京証券取引所と市場統合のため上場廃止
2016年10月 日之出郵船㈱とNYKグローバルバルク㈱が合併し、NYKバルク・プロジェクト貨物輸送㈱に商号変更
2016年12月 NYKバルク・プロジェクト貨物輸送㈱、NYKバルク・プロジェクト㈱に商号変更
2017年7月 川崎汽船㈱、㈱商船三井と定期コンテナ船事業の統合を目的とし、合弁会社であるOCEAN NETWORK EXPRESS PTE. LTD.を設立
2018年2月 株式公開買付けと株式売渡請求により、郵船ロジスティクス㈱を完全子会社化(同社は2018年1月上場廃止)
2018年4月 OCEAN NETWORK EXPRESS PTE. LTD.がサービスを開始
2019年11月 吸収分割により、日本郵船完全子会社である郵船ロジスティクス㈱の海外子会社株式のうち日本郵船が保有する一部を郵船ロジスティクス㈱に承継