アニコム ホールディングス【8715】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

553億7200万円

アニコム ホールディングス【8715】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

553億7200万円

沿革

2000年7月 anicom(動物健康促進クラブ)から「どうぶつ健保」(ペット共済)に係る事務を受託するため、東京都豊島区に「株式会社ビーエスピー」(現アニコム ホールディングス)を設立(資本金41百万円)
2000年11月 anicom(動物健康促進クラブ)が「どうぶつ健保」(ペット共済)募集開始
2001年7月 幼齢ペット向け共済商品(アニコム損害保険株式会社の「どうぶつ健保べいびぃ」の原型)の販売開始
2004年12月 ペットコミュニティ雑誌の発行及び発送業務を行うため東京都新宿区に100%子会社として「アニコム パフェ株式会社」を設立(資本金10百万円)
2005年1月 「株式会社ビーエスピー」を「アニコム インターナショナル株式会社」に商号変更
2005年2月 東京都新宿区に100%子会社として「アニコム フロンティア株式会社」を設立(資本金10百万円)
2005年7月 近畿支店(大阪市中央区)を開設
2005年10月 北海道支店(札幌市中央区)、九州支店(福岡市中央区)を開設
2006年1月 東京都新宿区に保険会社設立準備子会社「アニコム インシュアランス プランニング株式会社」を100%子会社として設立(資本金1,500百万円)
2006年4月 会社分割により、ペット保険事業に係る営業基盤をアニコム ホールディングスからアニコム インシュアランス プランニング株式会社に委譲
2006年6月 改正保険業法の施行を受け、anicom(動物健康促進クラブ)が特定保険業者の届出を行う
2006年8月 中部支店(名古屋市中区)を開設
2007年12月 「アニコム インシュアランス プランニング株式会社」が「アニコム損害保険株式会社」に商号変更
2008年1月 アニコム損害保険株式会社が損害保険業を開始
2008年6月 「アニコム インターナショナル株式会社」を「アニコム ホールディングス株式会社」に商号変更
2009年1月 アニコム損害保険株式会社においてオンライン加入手続を開始
2009年4月 「anicom(動物健康促進クラブ)」が特定保険業の廃業届を関東財務局に提出
2009年11月 日本の家庭動物に関するデータ集「家庭どうぶつ白書」を初発刊。以降、毎年刊行。
2010年3月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2014年1月 動物医療分野における基礎研究の推進、先進医療の開発に向けた臨床等を行うため、東京都新宿区に100%子会社として「日本どうぶつ先進医療研究所株式会社(現 アニコム先進医療研究所株式会社)」を設立(資本金75百万円)
2014年5月 東北支店(仙台市青葉区)を開設
2014年6月 東京証券取引所市場第一部に市場変更
2014年10月 中四国支店(岡山県岡山市)を開設
2015年7月 コーポレート・ベンチャー・キャピタル事業を行うため、東京都新宿区に100%子会社として「アニコム キャピタル株式会社」を設立(資本金50百万円)
2016年4月 アニコム ホールディングス49%、富士フイルム株式会社51%出資の動物の再生医療に関する合弁事業として、セルトラスト・アニマル・セラピューティクス株式会社を設立
2017年3月 アニコム ホールディングス49%出資の中国における動物医療に関する合弁事業として、Hong Kong Anicom Company Limited(香港愛你康有限公司)を設立
2020年1月 株式会社シムネットの全株式を取得し、完全子会社化