京葉銀行の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 602億9500万 円
銘柄コード 8544(市場第一部(内国株))

京葉銀行は千葉県千葉市に本店を置く銀行。前身となる「千葉合同無尽株式会社」は、千葉無尽株式会社、大昭無尽株式会社、千葉共栄無尽株式会社が合併し1943年3月に設立。1951年10月に相互銀行の営業免許を取得、社名を千葉相互銀行に変更。1989年2月に普通銀行に転換、行名を京葉銀行に変更。銀行業務を中心に、証券業務、信用保証業務、クレジットカード業務などの金融サービスに係る事業を展開


1943年3月 千葉市に本店を置く千葉無尽株式会社、館山市に本店を置く大昭無尽株式会社及び山武郡東金町に本店を置く千葉共栄無尽株式会社の3社が合併し、千葉合同無尽株式会社を設立
1944年6月 本店移転(千葉市本町二丁目)
1945年7月 国民共済無尽株式会社を吸収合併
1951年10月 相互銀行の営業免許を取得、商号を株式会社千葉相互銀行に変更
1965年5月 本店新築移転(千葉市富士見一丁目)
1973年4月 当行株式を東京証券取引所市場第二部に上場
1974年2月 当行株式を東京証券取引所市場第一部に上場
1974年8月 外国為替業務取扱開始
1975年4月 第1期オンラインシステム稼働
1982年10月 株式会社千相オフィスサービス(平成元年4月に商号を株式会社京葉銀オフィスサービスに変更)を設立
1983年4月 国債等公共債の窓口販売業務開始
1985年2月 株式会社千相ローンサービス(平成10年8月に商号を株式会社京葉銀ビジネスサービスに変更)を設立
1985年11月 第2期総合オンラインシステム稼働
1986年4月 株式会社千相ファイナンス(平成元年3月に商号を株式会社京葉銀ファイナンスに変更)を設立
1986年6月 債券ディーリング業務開始
1987年7月 海外コルレス業務開始
1988年1月 第1回国内無担保転換社債 150億円発行
1988年2月 株式会社千相トランスポート(平成元年5月に商号を株式会社京葉トランスポートに変更)を設立
1989年1月 株式会社京葉銀キャリアサービスを設立
1989年2月 普通銀行へ転換し、商号を株式会社京葉銀行に変更
1989年6月 担保付社債信託業務開始
1994年1月 信託代理店業務開始
1995年1月 株式会社京葉銀メンテナンスを設立
1996年2月 株式会社京葉銀キャッシュサービスを設立
1998年1月 新総合オンラインシステム稼働
1998年3月 株式会社京葉銀保証サービスを設立(現・連結子会社)
1998年12月 証券投資信託の窓口販売業務開始
2001年4月 保険商品の銀行窓口販売業務開始
2001年10月 株式会社京葉銀ビジネスサービスと株式会社京葉銀キャッシュサービスが合併
2003年12月 個人向け国債のATMによる取扱開始
2005年2月 株式会社京葉銀メンテナンス清算
2005年3月 株式会社京葉銀ファイナンス清算
2005年6月 貸金庫指静脈認証システム取扱開始
2007年8月 株式会社京葉銀オフィスサービスと株式会社京葉銀ビジネスサービスが合併
2009年6月 (存続会社 株式会社京葉銀オフィスサービス)
2014年6月 株式会社京葉トランスポート清算
2015年3月 株式会社京葉銀キャリアサービス清算
2015年6月 本部棟「千葉みなと本部」竣工