山梨中央銀行の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 270億4600万 円
銘柄コード 8360(市場第一部(内国株))

山梨中央銀行は山梨県甲府市に本社を置く企業。1877年4月に第十国立銀行創業。1941年12月に第十銀行と有信銀行が合併し山梨中央銀行創立。1972年10月に東京証券取引所市場第二部に上場。1973年8月に東京証券取引所市場第一部に上場。事業内容としては、銀行業を中心にリース業、クレジットカード業等の金融サービスに係る事業を展開。


1941年12月 第十銀行と明治28年創業の株式会社有信銀行が合併し株式会社山梨中央銀行創立
1964年5月 外国為替業務取扱開始
1972年10月 東京証券取引所市場第二部に上場
1973年8月 東京証券取引所市場第一部に指定
1983年4月 国債の窓口販売業務開始
1984年4月 外国部新設(現、営業統括部 国際業務室)
1985年6月 ディーリング業務開始
1986年7月 個人向けローンの保証業務を目的とした山梨中央保証株式会社(現、連結子会社)を設立
1986年12月 東京オフショア市場参加
1991年7月 クレジットカード業務を目的とした山梨中銀ディーシーカード株式会社(現、連結子会社)を設立
1993年7月 当行の各種事務処理業務を目的とした山梨中銀ビジネスサービス株式会社を設立
1996年8月 ベンチャー企業への投資業務を目的とした山梨中銀キャピタル株式会社(現、連結子会社)を設立
1998年12月 証券投資信託の受益証券等の窓口販売業務に係る認可取得
2001年4月 損害保険窓口販売業務開始
2002年10月 生命保険窓口販売業務開始
2005年4月 証券仲介業務開始