千葉興業銀行の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 156億1800万 円
銘柄コード 8337(市場第一部(内国株))

千葉興業銀行は千葉県千葉市に本店を置く銀行。1952年1月に設立。1972年9月に東証二部に、1973年8月に東証一部に上場。企業理念は『地域とともに、お客さまのために、「親切」のこころで』。預金業務、貸出業務、為替業務等の銀行業務を中心に、リース業務、証券業務、信用保証業務、クレジットカード業務などの金融サービスに係る事業を展開。


1952年1月 株式会社千葉興業銀行設立(1952年1月18日設立登記、資本金5,000万円、本店千葉市)
1970年12月 外国為替業務取扱開始
1972年3月 現本店竣工
1972年9月 東京証券取引所市場第二部上場
1973年8月 東京証券取引所市場第一部上場
1974年5月 事務センター竣工
1974年8月 預金オンライン稼働
1977年4月 為替オンライン稼働
1979年4月 千葉保証サービス株式会社(現・連結子会社 ちば興銀カードサービス株式会社)設立
1982年4月 金売買業務開始
1982年12月 千葉総合リース株式会社設立(現・連結子会社)
1983年2月 ちば興銀ユーシーカード株式会社(現・連結子会社 ちば興銀カードサービス株式会社)設立
1983年4月 国債等公共債の窓口販売業務開始
1983年6月 融資オンライン稼働
1984年8月 海外コルレス業務の認可を取得
1985年6月 国債等公共債のディーリング業務開始
1985年10月 日本銀行一般代理店業務開始(稲毛支店)(2019年8月廃止)
1986年1月 ちば興銀ビジネスサービス株式会社設立(現・連結子会社)
1987年7月 海外コルレス包括契約の認可を取得
1988年7月 ちば興銀ファイナンス株式会社設立
1988年9月 第一回国内無担保転換社債100億円発行
1989年10月 ニューヨーク駐在員事務所開設
1991年7月 ちば興銀コンピュータソフト株式会社設立(現・連結子会社)
1995年7月 ちば興銀総合管理株式会社設立
1998年6月 ニューヨーク駐在員事務所閉鎖
1998年12月 証券投資信託の窓口販売業務開始
1999年9月 第一種優先株式50億円発行
2000年3月 ちば興銀総合管理株式会社清算
2000年8月 第二種優先株式200億円発行
2000年9月 第三種優先株式600億25百万円発行
2001年4月 損害保険窓口販売業務開始
2002年2月 確定拠出年金(企業型年金)業務開始
2002年9月 ちば興銀ファイナンス株式会社特別清算
2002年10月 生命保険窓口販売業務開始
2004年10月 基幹系システムのNTTデータ地銀共同センターへの移行
2004年12月 証券仲介業務開始
2009年1月 千葉保証サービス株式会社とちば興銀ユーシーカード株式会社が合併、商号をちば興銀カードサービス株式会社に変更(現・連結子会社)
2013年1月 第四種優先株式320億円発行
2013年7月 第三種優先株式全株を取得及び消却
2014年9月 第一種優先株式全株を取得及び消却
2017年1月 第1回第六種優先株式発行(発行価格の総額120億円、発行価額の総額115億20百万円)
2017年2月 第四種優先株式1,750千株を取得及び消却
2019年3月 第1回第七種優先株式326億50百万円発行
2019年3月 第四種優先株式全株4,650千株を取得及び消却
2020年1月 第二種優先株式500千株を取得及び消却