ヤオコーの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 2584億8900万 円
銘柄コード 8279(市場第一部(内国株))

YAOKO CO。、LTD。主に食品の小売に従事する会社です。スーパーマーケットのセグメントは、次のように、生鮮食品、一般食品や日用雑貨、とりわけ、製造、加工、とりわけ惣菜、寿司、ベーカリー製品、などの食品の販売を含む食品の小売に特化したスーパーマーケットの操作に従事されていますよく商業施設の運営・管理など。診療セグメントは、とりわけ、薬用医薬品、医薬部外品及び日用雑貨の小売に特化した診療の操作に従事されています。 2014年3月31日、当社は4子会社を持っていました。


1985年11月 埼玉県比企郡小川町に生鮮センターを開設する。
1986年3月 本店所在地を小川ショッピングセンターから生鮮センターに移転し、また本部を小川ショッピングセンターから埼玉県川越市に移転する。
1988年2月 社団法人日本証券業協会の店頭登録銘柄(東京地区)として株式を公開する。
1988年9月 定時株主総会決議により決算期を6月30日から3月31日に変更する。
1993年11月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場する。
1994年4月 第1次中期経営計画をスタートする。
1995年9月 株式会社日本アポック(調剤薬局事業)を100%子会社として設立する。
1997年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定替になる。
1998年6月 本店所在地を埼玉県川越市に移転する。
1998年10月 狭山店(埼玉県狭山市)の大規模改装を実施する。 「ライフスタイルアソートメント型スーパーマーケット」スタート
1999年11月 群馬県佐波郡赤堀町(現・群馬県伊勢崎市)に伊勢崎物流センターを開設する。
2002年10月 埼玉県狭山市に狭山グロッサリーセンターを開設する。
2002年11月 埼玉県狭山市に狭山チルドセンターを開設する。これに伴い、生鮮センターを閉鎖し、デリカセンターとする。
2003年3月 埼玉県川越市に川越南古谷店を開店する。
2003年4月 会社分割を実施し、株式会社三味を100%子会社として設立する。
2004年6月 埼玉県鶴ヶ島市にワカバウォーク店を開店する。
2006年10月 千葉県船橋市に千葉物流センターを開設する。
2006年12月 埼玉県川越市に川越研修センターを開設する。
2010年4月 株式会社ヤオコービジネスサービスを100%子会社(非連結)として設立する。
2012年1月 マーケティング推進のため、ヤオコーカードを導入する。
2012年3月 埼玉県川越市に川越的場店を開店する。
2013年6月 東京都東大和市に東大和店を開店する。
2014年6月 埼玉県東松山市にデリカ・生鮮センターを開設する。これに伴い、埼玉県比企郡小川町のデリカセンターを閉鎖する。
2015年2月 YAOKOネットスーパーサービスをスタートする。
2015年3月 ヤオコーが保有している株式会社日本アポックの株式の一部をアルフレッサ ホールディングス株式会社に譲渡する。(2017年7月にヤオコーが保有する全株式を譲渡)
2015年4月 ヤオコーの連結子会社である株式会社三味を吸収合併する。
2015年4月 神奈川県横浜市に横浜チルドセンターを開設する。
2015年4月 埼玉県富士見市にららぽーと富士見店を開店する。
2016年6月 農業事業としてヤオコーファームの運営をスタートする。
2017年4月 株式会社エイヴイ及びエイヴイ開発株式会社の発行済株式全部を取得し、連結子会社とする。
2017年8月 ヤオコーの子会社である株式会社ヤオコープロパティマネジメント(休眠会社)を株式会社小川貿易(非連結)に商号変更する。
2017年10月 埼玉県熊谷市に熊谷物流センターを開設する。
2017年11月 東京都調布市に八百幸成城店を開店する。
2018年4月 第9次中期経営計画をスタートする。
2018年12月 埼玉県川越市に新サポートセンター(本社)を開設、同市の旧本社から本店所在地を移転する。
2019年4月 連結子会社間の吸収合併を実施し、エイヴイ開発株式会社を株式会社エイヴイに統合する。
2019年4月 埼玉県川越市にヤオコー川越保育園(認可型事業所内保育所)を開園する。
2020年1月 千葉県松戸市に松戸チルドセンターを開設する。