イオン【8267】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

2兆2203億5600万円

イオン【8267】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

2兆2203億5600万円

沿革

1959年11月 商号変更を行い株式会社岡田屋とする。同月四日市店は、百貨店法の適用による営業を開始する。
1969年2月 イオン、フタギ株式会社、株式会社シロの3社が共同出資で仕入会社の(旧)ジャスコ株式会社を設立し、本部中枢機能を集結して合理化を推進する。
1969年4月 ジャスコ厚生年金基金が設立される。
1970年3月 フタギ株式会社、株式会社オカダヤチェーン、株式会社カワムラ及び(旧)ジャスコ株式会社の4社と合併し、本店を大阪市に移転する。この合併で資本金は688,440千円となる。
1970年4月 商号変更を行い、ジャスコ株式会社とする。
1972年8月 京阪ジャスコ株式会社、やまてや産業株式会社及びやまてや株式会社の3社を合併し、資本金775,500千円となる。
1973年2月 三和商事株式会社、株式会社福岡大丸、かくだい食品株式会社、かくだい商事株式会社、株式会社マルイチ及び株式会社新庄マルイチの6社を合併し、資本金1,007,600千円となる。
1974年9月 東京、大阪、名古屋、各証券取引所市場第二部に株式を上場する(1976年8月2日市場第一部に指定)。
1975年2月 イオンの100%出資会社であるジャスコチェーン株式会社他7社を合併、同じくジェーフード株式会社から米穀販売を除く営業の全部を譲受する。
1975年11月 京都、広島、福岡、新潟、各証券取引所に株式を上場する。
1976年8月 株式会社扇屋及び東北ジャスコ株式会社の2社を合併、資本金3,150,000千円となる。
1976年12月 欧州で株式を発行(欧州預託証券―EDR―の形式による。)し、ルクセンブルク証券取引所に上場する。
1977年6月 欧州で米ドル建転換社債を発行し、ルクセンブルク証券取引所に上場する。
1977年8月 株式会社伊勢甚百貨店、株式会社日立伊勢甚、株式会社味の街、株式会社ジンマート、株式会社いとはん及びジェーフード株式会社の6社と合併、資本金4,715,100千円となる。
1978年8月 ジャスコリビング株式会社の営業の全部を譲受する。
1978年12月 ドイツ連邦共和国デュッセルドルフ証券取引所およびフランクフルト証券取引所に、ドイツマルク建転換社債(1978年10月18日発行)および株式(包括証券―GBC―の形式による。)を上場する。
1979年3月 同業他社4社と共同で海外商品調達のための輸入専門会社アイク株式会社(現 イオントップバリュ株式会社)を設立する。
1983年2月 ドイツマルク建新株引受権付社債を発行する。
1983年6月 本店を大阪市福島区から東京都千代田区に移転する。
1985年6月 マレーシアに海外1号店であるジャヤ・ジャスコストアーズ(現  イオンマレーシア)のダヤブミ店が開店する。
1985年8月 オーナーズカード(株主優待制度)を導入する。
1986年10月 子会社である信州ジャスコ株式会社が名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場する。
1988年6月 米国の婦人服専門店チェーンのタルボット社を子会社を通じ買収する。
1988年9月 子会社であるウエルマート株式会社(現  マックスバリュ西日本株式会社)が株式を店頭登録する。
1989年9月 グループの名称を「イオングループ」と制定する。
1990年8月 子会社である株式会社コックスが株式を店頭登録する。
1991年1月 環境保全活動を推進する「財団法人  イオングループ環境財団」(現  公益財団法人  イオン環境財団)を設立する。
1992年10月 「財団法人  イオングループ環境財団」(現  公益財団法人  イオン環境財団)が特定公益増進法人に認定される。
1993年7月 子会社であるミニストップ株式会社が東京証券取引所市場第二部に株式を上場する。
1993年11月 米国の子会社であるタルボット社がニューヨーク証券取引所に株式を上場する。
1994年2月 香港の子会社であるジャスコストアーズ(香港)株式会社(現  イオンストアーズ(香港))が香港証券取引所に株式を上場する。
1994年5月 千葉県幕張に本社屋が完成し、本社機能を移転する。
1994年12月 子会社であるイオンクレジットサービス株式会社(現 イオンフィナンシャルサービス株式会社)が株式を店頭登録する。
1995年9月 香港の子会社であるイオンクレジットサービス(アジア)株式会社が香港証券取引所に株式を上場する。
1995年11月 子会社である株式会社ブルーグラスが株式を店頭登録する。
1996年8月 子会社であるジャスフォート株式会社(2002年7月株式売却により連結の範囲から除外)が株式を店頭登録する。
1996年8月 子会社であるミニストップ株式会社が東京証券取引所市場第二部から同第一部へ指定される。
1996年12月 マレーシアの現地法人であるジャヤ・ジャスコストアーズ(現  イオンマレーシア)がクアラルンプール証券取引所のメインボードに株式を上場する。
1996年12月 子会社であるイオンクレジットサービス株式会社(現 イオンフィナンシャルサービス株式会社)が店頭登録から東京証券取引所市場第二部に上場する。
1997年8月 子会社であるウエルマート株式会社(現  マックスバリュ西日本株式会社)が店頭登録から大阪証券取引所市場第二部に上場する。
1998年8月 子会社であるイオンクレジットサービス株式会社(現 イオンフィナンシャルサービス株式会社)が東京証券取引所市場第二部から同第一部へ指定される。
1999年8月 子会社である信州ジャスコ株式会社及び扇屋ジャスコ株式会社と合併し、資本金44,131,577千円となる。
2000年2月 子会社である北陸ジャスコ株式会社と合併する。
2000年8月 子会社である九州ジャスコ株式会社(現  イオン九州株式会社)が株式を店頭公開する。
2000年8月 子会社であるマックスバリュ東北株式会社(現 イオン東北株式会社)が東京証券取引所市場第二部に株式を上場する。
2001年5月 本店を東京都千代田区から千葉市美浜区に移転する。
2001年8月 イオン株式会社に社名変更し、グループの名称をイオンとする。
2001年12月 タイの子会社であるイオンタナシンサップ(タイランド)がタイ証券取引所に株式を上場する。
2002年2月 子会社である株式会社イオンファンタジーがジャスダック市場に株式を上場する。
2002年7月 子会社であるイオンモール株式会社が東京証券取引所市場第一部に株式を上場する。
2003年11月 子会社である株式会社イオンファンタジーがジャスダック市場から東京証券取引所市場第二部に上場する。
2003年11月 再建支援中の更生会社株式会社マイカル及び更生会社株式会社マイカル九州を子会社とする。
2004年7月 子会社であるマックスバリュ東海株式会社が東京証券取引所市場第二部に株式を上場する。
2004年8月 公募増資及び第三者割当増資により、資本金101,798百万円となる。
2004年10月 子会社である株式会社ツヴァイ(2020年4月株式売却により連結の範囲から除外)がジャスダック市場に株式を上場する。
2004年12月 子会社であるチェルト株式会社がジャスダック市場に株式を上場する。
2005年2月 子会社である株式会社イオンファンタジーが東京証券取引所市場第二部から同第一部へ指定される。
2005年3月 イオンマルシェ株式会社(旧社名:カルフール・ジャパン株式会社)を子会社とする。
2005年12月 株式会社マイカルが会社更生手続を終結する。
2006年3月 オリジン東秀株式会社を子会社とする。
2006年5月 株式会社ダイヤモンドシティを子会社とする。
2006年11月 一般募集による新株式発行により、資本金192,574百万円となる。
2006年12月 第三者割当による新株式発行により、資本金198,528百万円となる。
2007年4月 株式会社ポスフール(現  イオン北海道株式会社)を子会社とする。
2007年12月 子会社である株式会社ツヴァイ(2020年4月株式売却により連結の範囲から除外)が東京証券取引所市場第二部に株式を上場する。
2007年12月 マレーシアの子会社であるイオンクレジットサービス(マレーシア)がマレーシア証券取引所に株式を上場する。
2008年8月 全ての事業(ただし、株式を保有する会社の事業活動に対する支配・管理およびグループ運営に関する事業を除く)をイオンリテール株式会社に承継する会社分割を行い、イオンは純粋持株会社に移行する。
2009年2月 株式会社ツルヤ靴店(現  株式会社ジーフット)を子会社とする。
2010年4月 米国のタルボット社を株式売却により連結の範囲から除外する。
2010年5月 株式会社CFSコーポレーションを子会社とする。
2011年3月 イオンリテール株式会社と株式会社マイカルがイオンリテール株式会社を存続会社として吸収合併する。
2011年11月 株式会社マルナカ及び株式会社山陽マルナカを子会社とする。
2012年2月 子会社であるマックスバリュ九州株式会社(現 イオン九州株式会社)が大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場する。
2013年1月 株式会社イオン銀行を子会社とする。
2013年8月 株式会社ダイエーを子会社とする。
2014年11月 ウエルシアホールディングス株式会社を子会社とする。
2015年1月 子会社である株式会社ダイエーを株式交換により完全子会社とする。
2015年1月 株式会社マルエツを子会社とする。
2015年3月 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社を子会社とする。
2015年3月 株式会社カスミを子会社とする。
2015年11月 子会社である株式会社ジーフットが東京証券取引所市場第一部に株式を上場し、名古屋証券取引所市場第二部から同第一部へ指定される。
2019年9月 マックスバリュ東海株式会社とマックスバリュ中部株式会社がマックスバリュ東海株式会社を存続会社として吸収合併する。
2020年3月 子会社であるイオン東北株式会社を株式交換により完全子会社とする。
2020年3月 イオン北海道株式会社とマックスバリュ北海道株式会社がイオン北海道株式会社を存続会社として吸収合併する。
2020年9月 イオン九州株式会社とマックスバリュ九州株式会社及びイオンストア九州株式会社がイオン九州株式会社を存続会社として吸収合併する。