伊藤忠エネクスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1179億3300万 円
銘柄コード 8133(市場第一部(内国株))

伊藤忠エネクスは東京都千代田区に本社を置く企業。1961年1月、伊藤忠商事と日本鉱業の石油製品の販売を目的に伊藤忠石油から分割され設立。1977年4月に株式額面変更を目的に伊藤忠燃料と合併。2001年7月に伊藤忠エネクスに社名変更。LPガスや産業用ガス、スマートエネルギー機器等の販売を行うスマートホーム事業を中心に、カーライフ事業、産業ビジネス事業、電力・ユーティリティ事業なども展開。


1961年1月 伊藤忠商事株式会社と、かねてから取引協力関係にあった日本鉱業株式会社が、水島に製油所を新たに建設し、石油業界に進出したのを機に、その製品を販売するために、伊藤忠商事株式会社の子会社である伊藤忠石油株式会社(1949年1月設立の西日本米油株式会社を、1951年4月に名称変更)を分割して伊藤忠エネクスを設立した。(資本金6千万円)
1965年5月 大分九石販売株式会社(現、子会社株式会社九州エナジー)の株式取得
1970年3月 宇島酸水素株式会社(現、子会社伊藤忠工業ガス株式会社)の株式取得
1971年4月 資本金10億円に増資
1977年4月 株式額面変更のため、大阪市東区釣鐘町2丁目36番地を本店とする伊藤忠燃料株式会社と合併
1978年2月 大阪証券取引所及び東京証券取引所の市場第2部に上場
1979年9月 大阪証券取引所及び東京証券取引所の市場第1部銘柄に指定される
1983年6月 本店所在地を東京(旧大阪)へ変更
1990年7月 伊藤忠商事株式会社の石油内販子会社伊藤忠オイル株式会社の営業権と従業員を承継
1995年3月 九州忠燃株式会社(現、子会社エネクス石油販売西日本株式会社)を設立
1996年2月 本店を東京都目黒区目黒一丁目24番12号へ移転
1997年10月 更生会社である株式会社東海の株式取得
1998年4月 「チコマート」事業を伊藤忠エネクスより分社し株式会社チコマートを設立
1999年3月 伊藤忠石油販売株式会社の株式を追加取得
2000年4月 伊藤忠エネクスは、西武石油商事株式会社を吸収合併し、東京西部支社を新設
2001年3月 都市ガス事業への参画を目的とし、大分県中津市のガス事業を承継
2002年2月 シナネン株式会社(現、シナネンホールディングス株式会社)の株式を追加取得
2004年4月 支社制度を廃止し事業本部制度を導入する
2005年5月 タキガワエネクス株式会社(現、子会社伊藤忠エネクスホームライフ西日本株式会社)は、瀧川産業株式会社から事業を譲受け営業を開始する
2006年12月 シナネン株式会社(現、シナネンホールディングス株式会社)の株式を一部売却
2007年4月 伊藤忠商事株式会社から株式会社目黒エネルギー販売(現、子会社株式会社エネハン(2009年4月より子会社小倉興産エネルギー株式会社))の株式取得
2008年9月 港南株式会社から石油販売事業の承継、並びにコーナンフリート株式会社(現、子会社エネクスフリート株式会社)の株式を追加取得
2009年4月 株式会社ジャパンガスエナジーへ液化石油ガスのローリー卸売事業を譲渡
2011年2月 アイピー・パワーシステムズ株式会社へ出資し、電力小売事業へ参入
2012年5月 東京都市サービス株式会社(現、子会社)の株式を取得し、熱供給事業へ参入
2013年4月 株式会社イングエナジー(現、持分法適用会社株式会社エネアーク関東)の株式を取得
2014年1月 本店を東京都港区虎ノ門二丁目10番1号へ移転
2015年1月 王子グリーンリソース株式会社と合弁で王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社(現、子会社)を設立
2016年4月 JENホールディングス株式会社は、社名をエネクス電力株式会社に変更
2017年1月 マイオーラ・アセットマネジメント株式会社(現、子会社エネクス・アセットマネジメント株式会社)の株式を取得
2019年2月 エネクス・インフラ投資法人が東京証券取引所のインフラファンド市場に上場