三愛石油の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1060億300万 円
銘柄コード 8097(市場第一部(内国株))

三愛石油は東京都品川区に本社を置く企業。創業者は市村清氏。1952年6月に設立。1961年10月に東京証券取引所第二部に株式上場。1968年8月に東京証券取引所第一部に上場変更。主な事業として、石油関連事業、ガス関連事業、航空関連事業を展開。創業(三愛)精神である「人を愛し国を愛し勤めを愛す」が経営理念。


1952年6月 石油製品の販売を目的として、三愛石油株式会社の商号でスタンダード・ヴァキューム石油会社の代理店として発足、本店を東京都中央区銀座五丁目2番地に置く(資本金1,000万円)
1952年10月 羽田空港内における構内営業を許可され、空港内に羽田営業所(現羽田支社)を開設し、航空機への給油事業に着手
1955年12月 三愛石油開発のハイドラント(消火栓)式給油施設による航空機給油業務を開始
1960年9月 神奈川県川崎市に川崎油槽所を開設し、LPガス充填業務を開始
1961年10月 東京証券取引所第二部に上場
1962年12月 株式額面の変更の目的をもって、東京都港区所在の三愛石油株式会社(1947年1月21日設立)と合併(注参照)
1964年8月 本店を東京都中央区銀座東六丁目2番地の3に移転
1968年8月 東京証券取引所第一部に指定替上場
1969年7月 東京都日野市に研究所を設置し、泡消火剤、防かび剤、防錆剤等の開発製造販売に着手
1970年4月 設備事業部を設置し、ビルの空調設備、セントラルヒーティングの施工業務を開始
1978年7月 設備事業部を三愛設備株式会社(現三愛プラント工業株式会社)に分離独立
1981年6月 直営SSを東京三愛石油株式会社ほか6社に分離独立
1983年10月 川崎市にLPガス二次基地を開設し、川崎ガスターミナル事業部を設置
1989年12月 本店を東京都品川区東大井五丁目22番5号に移転
1990年10月 静岡県熱海市に研修センターを開設
1996年10月 羽田空港における新航空機給油施設供用開始
1998年8月 化学製品等の製造・販売会社の東洋理研株式会社(現三愛理研株式会社)を買収
1998年11月 埼玉県八潮市に石油製品の保管、出荷のための油槽所を開設し、東京オイルターミナルを設置
2000年12月 研究所を茨城県行方郡(現潮来市)に移転
2002年10月 佐賀市ガス局の民営化に伴い、佐賀市営ガス事業を譲受運営するため、佐賀ガス株式会社を合弁で設立
2004年12月 石油元売会社であるキグナス石油株式会社の全株式を東燃ゼネラル石油株式会社およびニチモウ株式会社より取得
2005年6月 川崎ガスターミナル(旧川崎ガスターミナル事業部)におけるLPガス二次基地の操業を停止
2006年10月 LPガス卸売部門の3支店と直販子会社3社をエリアごとに統合
2008年7月 石油製品等の販売会社である國際油化株式会社の全株式を三井物産株式会社より取得
2017年5月 キグナス石油株式会社とコスモエネルギーホールディングス株式会社の資本業務提携契約締結に伴い、キグナス石油株式会社の株式20%をコスモエネルギーホールディングス株式会社へ譲渡
2019年4月 本社事務所を東京都千代田区大手町二丁目3番2号に移転