山善の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1001億6600万 円
銘柄コード 8051(市場第一部(内国株))

山善は大阪府大阪市に本社を置く企業。1947年5月に山善工具製販として設立。1962年10月に大阪証券取引所第二部に株式を上場。1963年9月に東京証券取引所第二部に株式を上場。1970年2月に大阪・東京の各証券取引所第一部に上場変更。1971年11月に山善に商号変更。生産財、住設建材及び家庭機器製品を販売が主な業務。


1947年5月 福井市において工具等の販売(後に、機械工具部門となり、現・機工事業部が承継)を目的とする山善工具製販株式会社を設立。
1951年9月 本店を福井市より現大阪本社に移転。
1955年3月 産業機具部門(後に、産業システム部門となり、現・機工事業部が承継)を設置。
1955年4月 商号を山善機械器具株式会社に変更。
1957年7月 工作機械部門(現・機械事業部)を設置。
1958年11月 東京支店(現・東京本社)を設置。
1960年9月 名古屋営業所(現・名古屋支社)を設置。
1961年1月 福岡営業所(現・九州支社)を設置。
1962年10月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
1963年3月 広島営業所(現・広島支社)を設置。
1963年9月 東京証券取引所市場第二部に上場。
1965年2月 米国に現地法人(現・連結子会社、Yamazen, Inc.)を設立。
1965年7月 住宅機器部門(現・住建事業部)を設置。
1965年7月 大阪・東京両営業本部制を採用。管理本部並びに海外営業本部(後に、国際事業本部となり、現・機械事業部と現・機工事業部へ集約・統合)を大阪本社に設置。
1970年2月 大阪・東京両証券取引所市場第一部(2013年7月 現物市場統合に伴い大阪証券取引所市場第一部は東京証券取引所市場第一部に統合)に上場。
1971年11月 株式会社山善に商号変更。
1978年7月 家庭機器部門(後に、家庭機器営業本部)を設置。
1989年10月 タイに現地法人((旧)Yamazen(Thailand)Co.,Ltd.)を設立。(後に、連結子会社となり、2016年4月 新設合併により消滅)
1990年4月 北関東支社を設置。(2004年4月 組織再編により廃止)
1990年6月 マレーシアに現地法人(現・連結子会社、Yamazen(Malaysia)Sdn.Bhd.)を設立。
1990年12月 シンガポールに現地法人(現・連結子会社、Yamazen(Singapore)Pte.Ltd.)を設立。
1991年2月 台湾に現地法人(現・連結子会社、Yamazen Co.,Ltd.)を設立。
1991年4月 システムエンジニアリング部門を設置。
1991年6月 旅行斡旋業の㈱トラベルトピア(現・連結子会社)を買収。
1992年10月 イベント企画部門を切り離し、ヤマゼンクリエイト㈱(現・連結子会社)を設立。
1993年4月 東北支社を設置。(2004年4月 組織再編により廃止)
1993年11月 ヤマゼンロジスティクス㈱(現・連結子会社)を設立。
1997年4月 タイに現地法人(Yamazen Thai Engineering Co.,Ltd.)を設立。(後に、連結子会社となり、2016年4月 新設合併により消滅)
1997年12月 香港に現地法人(現・連結子会社、Yamazen Hong Kong Ltd.)を設立。
1999年4月 経営企画本部を設置。
1999年7月 韓国に現地法人(現・連結子会社、Yamazen (Korea) Ltd.)を設立。
2002年7月 中国に現地法人(現・連結子会社、Yamazen (Shanghai) Trading Co.,Ltd.)を設立。
2004年4月 家庭機器営業本部(現・家庭機器事業部)を設置。
2004年4月 東京営業本部、北関東支社、東北支社を統合し、東京本社内に東日本営業本部を設置。
2004年7月 インドネシアに現地法人(現・連結子会社、PT.Yamazen Indonesia)を設立。
2004年8月 米国に現地法人(現・連結子会社、Plustech Inc.)を設立。
2005年9月 大垣機工㈱(現・連結子会社)を株式取得により子会社化。
2005年12月 中国に現地法人(現・連結子会社、Yamazen (Shenzhen) Trading Co.,Ltd.)を設立。
2008年12月 ドイツに現地法人(現・連結子会社、Yamazen Europe GmbH)を設立。
2010年2月 ベトナムに現地法人(現・連結子会社、Yamazen Viet Nam Co.,Ltd.)を設立。
2010年4月 システムエンジニアリング部門を国際本部(後に、国際事業本部となり、現・機械事業部と現・機工事業部へ集約・統合)に統合。
2011年1月 中国に現地法人(現・連結子会社、Souzen Trading(Shenzhen)Co.,Ltd.)を設立。
2011年3月 フィリピンに現地法人(現・連結子会社、Yamazen Machinery & Tools Philippines Inc.)を設立。
2011年4月 産業システム部門と機械工具部門を統轄する機工事業部を設置。
2012年4月 機械事業部、機工事業部、住建事業部、家庭機器事業部及び国際事業本部の5事業部を軸とする事業部制へ移行。
2016年4月 生産財関連事業における市場の国内外区分を撤廃し、国際事業本部を機械事業部と機工事業部に集約・統合。あわせて国際事業本部よりシステムエンジニアリング部門を分離。
2016年4月 タイ国投資委員会の認可取得に伴い、タイに所在する(旧)Yamazen(Thailand)Co.,Ltd.、Yamazen Thai Engineering Co.,Ltd.及びその他2社を被合併会社とする新設合併により、新たに(現)Yamazen(Thailand)Co.,Ltd.を設立し組織再編を実施。
2016年6月 監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行。
2017年4月 システムエンジニアリング部門を機械事業部と機工事業部に集約・統合。
2017年4月 東邦工業㈱(現・連結子会社)を株式交換により子会社化。
2018年4月 北関東・東北支社を設置。
2020年4月 営業本部を設置。