豊田通商の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1兆7295億6600万 円
銘柄コード 8015(市場第一部(内国株))

豊田通商株式会社は、名古屋市に本社を置くトヨタ系の総合商社。1948年設立で、1961年に上場。トヨタグループの総合商社として、金属、グローバル生産部品、ロジスティクス、自動車、機械、エネルギー、プラントプロジェクト、化学品、エレクトロニクス、食料、生活産業など多岐にわたる事業領域で活動。各種物品の国内取引や、輸出入取引、外国間取引などを行う。


1948年7月 豐田産業株式会社の商事部門を継承して「日新通商株式会社」を設立(資本金:900万円、本店:名古屋市 支店:大阪市)
1948年8月 東京支店を設置
1956年7月 商号を「豐田通商株式会社」に変更
1960年10月 Toyota Tsusho America,Inc.(現・連結子会社)を設立
1961年10月 名古屋証券取引所に株式を上場
1977年1月 東京証券取引所に株式を上場
1985年10月 東京支店を東京本社に昇格、名古屋本社と合わせ二本社制を採用
1987年7月 商号を常用漢字に改め「豊田通商株式会社」に変更し、同時に英文社名を「TOYODA TSUSHO KAISHA,LTD.」から「TOYOTA TSUSHO CORPORATION」に変更
2000年4月 加商㈱と合併
2000年11月 ㈱トーメン及び同社子会社の鉄鋼部門に関する営業の一部を譲り受け
2006年4月 ㈱トーメンと合併
2012年1月 関連会社の㈱ユーラスエナジーホールディングス(現・連結子会社)の株式を追加取得
2012年3月 エレマテック㈱(現・連結子会社、東京証券取引所上場)の株式を買収
2012年12月 CFAO SAS(現・連結子会社、Euronext Paris上場)の株式を買収
2014年12月 ㈱トーメンエレクトロニクスの株式を追加取得し完全子会社化(東京証券取引所上場を廃止)
2015年5月 NovaAgri Infra-Estrutura de Armazenagem e Escoamento Agrícola S.A.(現・連結子会社)の株式を買収
2016年12月 CFAO SASの株式を追加取得し完全子会社化(Euronext Paris上場を廃止)
2017年4月 ㈱トーメンエレクトロニクスと㈱豊通エレクトロニクスの事業を統合し、㈱ネクスティ エレクトロニクス(現・連結子会社)として事業を開始