蝶理 沿革

銘柄コード

8014 (市場第一部(内国株))

時価総額

465億3300万円

蝶理 沿革

銘柄コード

8014 (市場第一部(内国株))

時価総額

465億3300万円

1948年9月 資本金500万円をもって蝶理株式会社を設立
1952年4月 合成繊維の将来性に着目して、合成繊維の取扱いを開始
1952年6月 本社を大阪市東区(現 中央区)に移転
1953年10月 東洋レーヨン株式会社(現 東レ株式会社)のウーリーナイロンの一手販売を開始合繊業界における主導的地位の基礎を確立
1956年4月 石油化学の将来性に着目して、合成樹脂、化学品の取扱い並びに各種機械及び諸物資の取扱いを開始
1957年1月 海外法人Chori America, Inc.を設立
1958年4月 ポリエステル並びにアクリル繊維の国産化と共に取扱いを開始
1959年9月 大阪証券取引所(現 株式会社東京証券取引所)に株式上場
1961年3月 中華人民共和国より友好商社に指定、以後日中貿易のパイオニアとなる
1961年7月 東京証券取引所(現 株式会社東京証券取引所)に株式上場
1989年10月 一般募集による時価発行増資を行い、資本金91億4840万円となる
1993年5月 第三者割当による増資を行い、資本金113億9800万円となる
1993年8月 海外法人蝶理(上海)有限公司を設立
1997年9月 第三者割当による増資を行い、資本金154億2650万円となる
2000年10月 第三者割当による増資を行い、資本金190億6550万円となる
2002年2月 合成樹脂事業部門を分社し営業譲渡
2003年8月 減資及び優先株式発行による第三者割当増資を行い、資本金65億円となる
2004年8月 東レ株式会社の連結子会社となる
2004年11月 優先株式発行による第三者割当増資を行い、資本金68億円となる
2005年7月 海外法人蝶理(中国)商業有限公司を設立し、海外法人蝶理(上海)有限公司の事業を移管
2007年7月 2003年8月に発行した第二回優先株式の一部及び第三回優先株式の一部を取得し、消却
2007年8月 2003年8月に発行した第一回優先株式の全てを普通株式へ転換し、当該優先株式全てを消却
2009年8月 2003年8月に発行した第二回優先株式の全てを普通株式へ転換し、当該優先株式全てを消却
2012年3月 2003年8月に発行した第三回優先株式の全てを普通株式へ転換し、当該優先株式全てを消却
2012年8月 2004年11月に発行した第四回優先株式の全てを普通株式へ転換し、当該優先株式全てを消却
2012年10月 10株を1株に併合する株式併合を実施
2013年1月 自己株式745,000株を取得
2015年5月 ミヤコ化学株式会社の全株式を取得し、連結子会社とする
2017年4月 輸送機器事業を新設分割により設立した蝶理マシナリー株式会社に事業承継