エフピコ 沿革

銘柄コード

7947 (市場第一部(内国株))

時価総額

3332億円

エフピコ 沿革

銘柄コード

7947 (市場第一部(内国株))

時価総額

3332億円

1962年7月 ポリスチレンペーパー製簡易食品容器の成形加工販売を目的として、福山パール紙工㈱を設立 本店を広島県福山市霞町に設置
1968年3月 本店を現在地(広島県福山市曙町)に移転
1975年9月 総合包装用品販売のチェーン店「モダンパック」を広島県福山市に開設
1979年7月 福山パール運輸㈱(現エフピコ物流㈱・連結子会社)を設立
1980年1月 物流の効率化、合理化のため福山配送センターを開設
1981年6月 食品販売のファッション化に対応してカラー食品容器の製造販売開始
1983年4月 東京支店を開設(東京都新宿区) 2003年10月現所在地(東京都新宿区西新宿)に移転
1985年2月 大阪支店を開設(大阪市淀川区) 2013年5月現所在地(大阪府大阪市北区中之島)に移転
1985年11月 関東工場竣工(茨城県結城郡)
1987年1月 ソリッド食品容器の原反生産から成形加工までの一貫生産開始
1987年4月 エフピー商事㈱(現エフピコ商事㈱・連結子会社)を設立
1987年9月 笠岡工場竣工(岡山県笠岡市)
1989年1月 商号を㈱エフピコに変更
1989年11月 広島証券取引所へ株式上場
1990年9月 使用済みトレーの回収リサイクルを笠岡工場で開始
1991年2月 大阪証券取引所市場第二部へ株式上場
1991年10月 関東リサイクル工場竣工(茨城県坂東市) 2003年4月茨城県結城郡に統合
1991年11月 リサイクル(再生)食品容器として初めて(財)日本環境協会からエコマーク表示の認定を取得
1992年4月 中部工場竣工(岐阜県安八郡)
1993年10月 九州工場竣工(佐賀県神埼郡)
1999年4月 福山リサイクル工場、福山工場、笠岡工場の2サイト、3工場にて「ISO14001」の認証を取得
1999年5月 神辺工場竣工(広島県福山市)
1999年10月 「リサイクル推進功労者等表彰事業」にて「内閣総理大臣賞」受賞
2000年3月 東京証券取引所市場第二部に株式上場
2000年9月 関東下館工場竣工(茨城県筑西市)
2000年11月 関東リサイクル工場竣工(茨城県結城郡)
2001年11月 東京支店を東京本社に昇格し、福山、東京2本社制に変更
2002年2月 更生会社中国パール販売㈱及び更生会社パックドール㈱の再建スポンサーとして会社更生手続きを開始
2003年3月 パックドール㈱(現㈱エフピコ山形・連結子会社)の更生手続き終結
2003年7月 山形工場稼働開始(山形県寒河江市)
2003年7月 東日本ハブセンター(現関東第一センター)竣工(茨城県結城郡)
2005年5月 中国パール販売㈱(現エフピコチューパ㈱・連結子会社)の更生手続き終結
2005年9月 愛知万博において環境活動に対する表彰「愛・地球賞」を受賞
2005年9月 東京証券取引所市場第一部及び大阪証券取引所市場第一部に指定
2005年11月 笠岡工場にて「ISO9001」の認証を取得
2006年8月 特例子会社「㈱ダックス佐賀」(佐賀県神埼郡)(現エフピコダックス㈱・連結子会社)を設立
2006年9月 ㈱ダックス四国(現エフピコダックス㈱)が、(独)高齢・障害・求職者支援機構より理事長賞受賞
2006年10月 障害者自立支援法による就労継続支援A型事業を行う「広島愛パック㈱」(広島市西区)(現エフピコ愛パック㈱・連結子会社)を設立
2006年12月 「広島愛パック㈱」(現エフピコ愛パック㈱・連結子会社)が、民間企業で全国初となる「指定障害福祉サービス事業者」に指定
2007年2月 関東下館第二工場竣工(茨城県筑西市)
2007年3月 障害者自立支援法による就労継続支援A型事業を行う「福山愛パック㈱」(現エフピコ愛パック㈱・連結子会社)を設立
2007年4月 2006年度「容器包装3R推進環境大臣賞」において、製品部門最優秀賞を受賞
2007年8月 八千代センター(現関東第二センター)竣工(茨城県結城郡)
2007年9月 中部第二工場竣工(岐阜県安八郡)
2007年12月 本社新社屋竣工(広島県福山市)
2008年8月 透明容器の選別を関東選別センターで稼働開始リサイクル工場を関東、中部、福山へ統合
2008年10月 九州第二工場竣工(佐賀県神埼郡)
2008年11月 北海道配送センター竣工(北海道石狩市)
2009年3月 厚生労働省より障害者雇用優良企業(ハートフル・リボン・マーク)の認証を取得
2009年10月 日本パール容器㈱より食品容器事業を譲受、エフピコ日本パール㈱(現㈱エフピコ富山・連結子会社)を設立
2010年6月 アイ・ロジック福山ピッキングセンター竣工(広島県福山市)
2010年6月 フィルム及びダンボールの製造・印刷メーカーである㈱アルライト(現エフピコアルライト㈱)を連結子会社化
2010年10月 包装資材問屋であるインターパック㈱(現エフピコインターパック㈱)を連結子会社化
2010年11月 中部リサイクル工場に、PETメカニカルリサイクルプラントを導入
2010年12月 鶏卵パックをはじめ農産品向け容器を製造販売するダイヤフーズ㈱(現エフピコダイヤフーズ㈱)及び同社の製品を生産するジャパンハイパック㈱(現㈱エフピコ筑西)を連結子会社化
2011年2月 (財)日本環境協会が主催する「第1回エコマークアワード2010」金賞を受賞
2011年4月 環境大臣より「エコファースト企業」として認定を受ける
2011年5月 中部リサイクル工場のPETメカニカルリサイクルプラントで生産した再生PETフレークが、FDA(米国食品医薬品局)-NOLを取得
2012年4月 関東八千代工場竣工(茨城県結城郡)
2012年5月 (財)日本環境協会よりエコマーク商品認定を取得した再生PET容器「エコAP」シリーズを上市
2012年11月 PET容器では世界で初となるPET二軸延伸製品を上市
2013年4月 持分法非適用関連会社の㈱石田商店(現エフピコイシダ㈱)を連結子会社化
2013年7月 九州第二配送センター竣工(佐賀県神埼市)
2013年10月 関西第一配送センター竣工(兵庫県神戸市)
2014年6月 使用済みPETボトルから再生樹脂を生産する西日本ペットボトルリサイクル㈱を連結子会社化
2014年8月 福山クロスドックセンターを稼働開始(広島県福山市)
2014年10月 包装資材問屋である㈱みやこひも(現エフピコみやこひも㈱)を連結子会社化
2014年11月 ㈱エフピコモダンパックがエフピコ商事㈱に合併
2014年11月 八王子配送センターを稼働開始(東京都八王子市)
2014年12月 エフピコ総合研究所・人材開発研修センター竣工(広島県福山市)
2015年3月 経済産業省より「2014年度 ダイバーシティ経営企業100選」に選出
2015年5月 経済産業省と東京証券取引所が選ぶ「攻めのIT経営銘柄」に選定
2015年12月 環境省より「2015年度 地球温暖化防止活動環境大臣賞」(対策活動・普及部門)を受賞
2016年3月 中部エコペット工場竣工(岐阜県安八郡)
2016年6月 「攻めのIT経営銘柄」に2年連続で選定
2016年7月 包装資材問屋である㈱上田包装企業(現エフピコ上田㈱)を連結子会社化
2016年11月 広島県より、「あいサポート運動企業団体表彰」を受彰
2017年1月 特例子会社4社(㈱ダックス四国、㈱ダックス、㈱ダックス佐賀、㈱茨城ピジョンリサイクル)が合併し、エフピコダックス㈱(現・連結子会社)へ商号変更
2017年2月 エフピコグラビア㈱(現・連結子会社)を設立
2017年8月 関東エコペット工場竣工(茨城県結城郡)
2018年1月 エフピコアルライト㈱新本社工場竣工(岡山県笠岡市)
2018年2月 (福)東京都社会福祉協議会 東京ボランティア・市民活動センターより、第3回「企業ボランティア・アワード」を受賞
2018年3月 エフピコグラビア㈱本社工場竣工(岡山県浅口市)
2018年11月 包装資材問屋である株式会社アペックスを持分法適用関連会社化
2018年11月 ユニバーサルスポーツであるフロアホッケー活動について、東京都より「東京都スポーツ推進企業」として認定
2018年12月 ユニバーサルスポーツであるフロアホッケー活動について、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」として認定
2019年1月 エフピコダックス㈱が厚生労働省より「障害者活躍企業」に認証
2019年3月 東京都「心のバリアフリー」サポート企業として登録
2019年6月 政府主催「G20イノベーション展」へ「トレーtoトレー」リサイクルを出展
2019年6月 ESG指数「FTSE4Good Index Series」及び
2019年6月 エフピコ商事㈱が包装資材のECサイト「パックマーケット」を開設
2020年4月 エフピコ環境基金を創設