旭化学工業【7928】 沿革・創業ストーリー

市場

JASDAQ(スタンダード・内国株)

時価総額

27億2300万円

旭化学工業【7928】 沿革・創業ストーリー

市場

JASDAQ(スタンダード・内国株)

時価総額

27億2300万円

1966年9月 愛知県碧南市大字鷲塚字川岸浜36番地(現 愛知県碧南市神有町七丁目11番地)において、プラスチック製品の成形及び加工を目的として資本金2,000千円にて旭化学工業株式会社設立。
1967年4月 製造品目を日用雑貨用品より、工業部品(自動車)に全面切替える。
1969年9月 ㈱マキタ(旧商号㈱マキタ電機製作所)と取引を開始し、電動工具成形品の生産を始める。
1974年3月 プラスチック加工部門の充実を図るため、資本金4,000千円にて、関係会社 旭産業株式会社を設立。
1978年3月 需要の増大に対応するため、愛知県安城市城ケ入町に安城工場を新設。
1979年7月 営業拡大と生産効率の向上を目的として、安城工場に樹脂金型の設計、製作設備を導入。
1980年4月 需要の拡大に対応するため、安城工場を増設。
1981年11月 生産の合理化を図るため、生産設備を本社工場から安城工場へ移設。
1982年1月 本社事務部門を本社から安城工場へ移設。
1982年3月 金型部門の充実を図るため、資本金5,000千円にて、関係会社 旭モールド株式会社を設立。
1985年4月 自社ブランド製品として樹脂アンカープラグを開発、発売。
1989年2月 需要の拡大に対応するため、安城工場を増設。
1989年3月 内部体制の充実と企業基盤の強化を目的とし、関係会社 旭モールド株式会社を吸収合併。
1989年8月 内部体制の充実と企業基盤の強化を目的とし、関係会社 旭産業株式会社を吸収合併。
1990年10月 今後の需要の増大に対応するため、工場と本社事務所の建設を目的として、衣浦臨海工業用地を取得。
1993年4月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
1996年2月 本社工場用地(愛知県碧南市神有町七丁目11番地)を売却。
1996年3月 本社登記を愛知県碧南市神有町七丁目11番地より愛知県碧南市港南町二丁目8番地14(衣浦臨海工業用地)へ移転。
1997年6月 衣浦臨海工業用地に本社工場を新設。
2001年12月 中国に旭日塑料制品(昆山)有限公司を設立(現・連結子会社)
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2004年12月 旭日塑料制品(昆山)有限公司にて本社工場が完成。移転して操業開始。
2006年1月 旭日塑料制品(昆山)有限公司にて第2工場が完成。
2006年5月 衣浦臨海工業用地に第2工場を増設。
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場。
2011年7月 タイ王国にAsahi Plus Co.,Ltd.を設立(現・連結子会社)
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。