セブン工業【7896】 歴史

市場

スタンダード(内国株式)

時価総額

27億5300万円

セブン工業【7896】 歴史

市場

スタンダード(内国株式)

時価総額

27億5300万円

沿革

1961年2月 丸七白川口市売木材㈱を設立し、東洋林業㈱東洋木材市場の浜問屋として木材市売業を開始
1975年12月 ㈱白川口へ木材市売業務を営業譲渡
1976年6月 商号を丸七住研工業㈱に変更
1976年7月 本店を愛知県春日井市から、岐阜県加茂郡白川町に移転
1976年10月 (名)丸七白川口製材所(現、㈱丸七)から、同社が1966年4月に生産開始していた集成材部門の営業権を譲受、集成材の生産を開始するとともに、日本集成材工業会(現、日本集成材工業(協))の会員資格を承継
1976年10月 白川第一工場(現、廃止)、白川第二工場(現、白川工場)及び七宗工場(現、七宗第一工場)を設置
1976年10月 名古屋支店(現、中部営業所)を設置
1976年12月 造作用集成材、化粧ばり造作用集成材及び構造用集成材のJAS認定(七宗工場)
1977年4月 大阪出張所(現、大阪営業所)を設置
1985年4月 構造用大断面集成材工場を建設
1986年3月 一級建築士事務所を開設
1986年4月 建設大臣の認定を受けた構造用大断面集成材による自社工場(七宗第二工場)を建設
1987年4月 構造用大断面集成材(甲種、乙種)のJAS認定(大断面工場)
1988年3月 住宅用木質パネルの生産を目的とした、丸七ミヤマ工業㈱を設立
1988年4月 本店を岐阜県加茂郡七宗町に移転
1988年10月 白川林材生産(協)から工場を買取り、七宗第三工場を設置
1989年3月 特定建設業の許可
1989年5月 美濃加茂工場を建設(現、美濃加茂第一工場)
1990年4月 企業イメージの確立を図るため、セブン工業㈱に商号変更
1991年5月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
1992年5月 美濃加茂第二工場を建設
1993年6月 丸七ミヤマ工業㈱から土地、建物を買取り、美濃加茂第三工場を設置
1996年4月 和室、特注部材の生産を目的とした、㈱オバラシマリスの株式取得
1996年6月 本店を岐阜県美濃加茂市に移転
1997年5月 美濃加茂物流加工センターを建設(現、美濃加茂第四工場)
2000年1月 ISO9001の認証取得
2000年3月 東京証券取引所市場第二部に上場
2001年7月 本社機能を岐阜県美濃加茂市から名古屋市中区に移転
2004年3月 セブン工業の株式の公開買付により、住友商事㈱が議決権の50.7%を取得(現、議決権の所有割合20.6% 主要株主)
2004年4月 美濃加茂市に資材物流センターを建設
2004年8月 本社機能を名古屋市中区から岐阜県美濃加茂市に移転
2007年3月 ㈱オバラシマリスと合併契約書を締結
2007年6月 ㈱オバラシマリスを吸収合併
2008年1月 丸七ミヤマ工業㈱と合併契約書を締結
2008年4月 丸七ミヤマ工業㈱を吸収合併
2008年11月 構造用集成材及び構造用大断面集成材の生産を中止
2010年1月 パナソニック電工岐阜㈱(2010年7月解散)の株式をパナソニック電工㈱(現、パナソニック㈱)に譲渡
2015年2月 住友商事㈱が保有していたセブン工業株式の一部を都築木材㈱(議決権の所有割合16.0% 主要株主)及び西垣林業㈱(議決権の所有割合14.0% 主要株主)に譲渡
2017年3月 CAD設計積算を主な事業としたベトナム企業であるS.E.V.E.N - VIET INDUSTRIES JOINT STOCK COMPANY(現、J-VIET JOINT STOCK COMPANY)の株式取得(資本金6,000,000,000 VND セブン工業出資比率39.9%)