フジシールインターナショナルの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1268億2100万 円
銘柄コード 7864(市場第一部(内国株))

フジシールインターナショナルは大阪府大阪市淀川区に本社を置く企業。1958年10月にキャップシールの製造・販売を目的として藤尾製作所を設立。2003年12月に東京証券取引所市場第一部に上場。2004年10月に「フジシールインターナショナル」に商号変更。シュリンクラベル・タックラベル・ソフトパウチ及び機械などを中心としたパッケージングの企画、提案、開発、製造及び販売等の事業を展開。


1958年10月 キャップシールの製造・販売を目的として株式会社藤尾製作所(大阪市鶴見区)を設立(現株式会社フジシールインターナショナル、大阪市淀川区)
1975年9月 株式会社西嶋シーリング印刷所(現株式会社フジタック、大阪市淀川区)の株式を取得し子会社化
1975年12月 ニチメン株式会社(現双日株式会社)と合弁で米州での製造・販売を目的としてAmerican Fuji Seal, Inc.(カリフォルニア州)を設立
1979年2月 欧州での製造・販売を目的としてFuji Seal Verpackungssysteme GmbH.(ドイツ)を設立
1981年9月 名張工場(三重県名張市)を開設
1986年5月 欧州での製造・販売を目的としてFuji Seal Europe Ltd.(イギリス)を設立
1986年11月 筑波工場(茨城県稲敷郡阿見町)を開設
1990年10月 包装機械の製造・販売を目的として株式会社フジアステック(大阪市淀川区)を設立
1993年12月 包装機械の製造・販売を目的としてIntersleeve B.V.(現Fuji Seal Europe B.V.)の株式を取得し子会社化(オランダ)
1994年9月 販売会社である株式会社フジシールを合併するとともに商号を株式会社フジシールに変更
1995年1月 タイでの製造・販売を目的として味の素株式会社の子会社であるAce Pack(Thailand)Co., Ltd.と合弁でFuji Ace Co., Ltd.(タイ)を設立
1997年10月 日本証券業協会に株式を店頭登録
2001年1月 米州におけるシュリンクラベル及び各種包材資材、包装関連機器の製造・販売の業容拡大を目的として、Owens-Illinois Labels, Inc.の株式を取得し子会社化するとともに、商号をAmerican Fuji Seal, Inc.に変更(同年10月、American Fuji Seal, Inc.(カリフォルニア州)と合併)
2002年5月 シュリンクラベルの生産体制増強のため、丸東産業株式会社東京工場を買収(現株式会社フジシール結城工場、茨城県結城市)
2002年6月 軟包装資材の製造・販売を目的として株式会社フジフレックス(大阪市淀川区)を設立
2002年11月 欧州におけるシュリンクラベル及び各種包材資材、包装関連機器の製造・販売の業容拡大を目的として、フランスのラベル印刷会社F.B. FINANCE S.A.(事業会社L.D. PIERRE BURIOT S.A.)の株式を取得し子会社化するとともに、商号をFuji Seal Europe S.A.S.(事業会社Fuji Seal France S.A.S.)に変更
2003年1月 米州における包装関連機械及び関連機器の技術サポート・部品販売・メンテナンス事業を目的として、American Fuji Technical Services, Inc.(ケンタッキー州、現インディアナ州)を設立
2003年12月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2004年6月 コーポレート・ガバナンスの強化及び経営の透明性の向上を主な目的として、委員会設置会社(現 指名委員会等設置会社)へ移行
2004年10月 純粋持株会社に移行し、商号を株式会社フジシールインターナショナルに変更
2005年5月 欧州における生産体制増強のため、Fuji Seal Poland Sp.zo.o.(ポーランド)を設立
2007年1月 タックラベルの製造・販売を主な事業内容として株式会社フジタックイースト(大阪市淀川区)を設立
2007年7月 タックラベル事業の事業拡大並びに市場競争力の強化を図るため、株式会社フジタックイーストがコーパックインターナショナル株式会社から事業譲受(現株式会社フジタックイースト山形工場、山形県寒河江市)
2008年10月 米州における生産体制増強のため、Fuji Seal Packaging De Mexico, S.A. de C.V.(メキシコ)及びFuji Seal Personnel Services, S.A. de C.V.(メキシコ)を設立
2010年7月 欧州グループ会社を統括する地域持株会社Fuji Seal B.V.(オランダ)を設立し、フジシールインターナショナルが保有する欧州グループ会社株式の現物出資を行い、持株会社体制とする
2011年2月 インドネシアにおけるシュリンクラベル及び各種包装資材の需要拡大に対応するため、
2011年5月 アセアン諸国における事業拡大のため、Fuji Seal Vietnam Co., Ltd.(ベトナム)を設立
2012年7月 欧州市場を中心にタックラベル及びラベル装着機の事業拡大を目的として、Pago Holding AG(2014年1月に、Pago AGに名称を変更)の株式を取得し子会社化
2013年11月 S×S(エスバイエス)センター(兵庫県尼崎市)を開設し、株式会社フジアステック・堺工場(大阪府堺市)と株式会社フジシール・技術センター(大阪市鶴見区)の拠点を統合
2014年2月 日本におけるタックラベル及びソフトパウチなどの製造・販売のため、株式会社フジシールウエスト(大阪市淀川区)を設立
2014年3月 米州におけるタックラベル・ソフトパウチ・機械の製造、販売の事業拡大のため、American Fuji Seal, Inc.インディアナ工場(インディアナ州)を開設
2015年8月 アセアン諸国でのタックラベル事業拡大のため、PT. Fuji Seal Packaging Indonesia(インドネシア)を設立
2015年9月 アセアン諸国での機械事業拡大のため、Fuji Seal Engineering Co., Ltd.(タイ)を設立
2018年7月 インドにおける各種包装資材及びラベル装着機の販売のため、Fuji Seal India Pvt Ltd.(インド)を設立
2020年3月 アセアン・南アジア地域での一体的・効率的な運営による事業展開の強化を目的として、持分法適用関連会社であったFuji Ace Co., Ltd.の全株式を追加取得し子会社化、同時に同社商号をFuji Seal Packaging (Thailand) Co., Ltd.(タイ)に変更