永大産業の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 133億8000万 円
銘柄コード 7822(市場第一部(内国株))

永大産業は大阪府大阪市に本社を置く企業。1946年7月に設立し合板の製造・販売事業を開始。1962年12月に大証二部に、1963年7月に東証二部に上場。1978年5月に上場廃止。2007年2月に東証二部に上場。フローリングや階段セット、システムキッチン等の住宅資材の製造・販売業を中心として、木質ボードの製造・販売業、不動産有効活用事業なども展開。


1946年7月 大阪市大正区に永大産業を設立し、合板製造・販売の事業を開始
1952年11月 大阪市浪速区に販売会社永大ベニヤ株式会社(1970年11月永大ハウジング株式会社に商号変更)を設立
1959年10月 大阪市港湾計画に基づき、本社工場を現在の大阪市住之江区に移転
1962年12月 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場
1963年7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1964年4月 福井県敦賀市に敦賀事業所を開設し、合板工場の操業を開始
1964年5月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第二部より市場第一部に指定
1964年8月 大阪府堺市に堺事業所(現大阪事業所)を開設し、プレハブ住宅の本格生産開始
1967年11月 福島県いわき市に小名浜合板株式会社(現連結子会社の永大小名浜株式会社)を設立
1968年3月 山口県熊毛郡平生町に永大木材工業株式会社(現山口・平生事業所)を設立し、12月より操業を開始
1969年8月 敦賀事業所にパーティクルボード工場を完成
1969年12月 住宅機器事業を開始
1973年3月 ブラジル国パラ州に合板製造の三菱商事株式会社との合弁会社EIDAI DO BRASIL MADEIRAS S.A.を設立
1978年2月 会社更生手続開始申立
1978年5月 会社更生手続開始決定
1978年5月 株式上場廃止  店頭登録移行(1年後廃止)
1982年9月 更生計画認可決定。永大木材工業株式会社、永大ハウジング株式会社を吸収合併
1986年2月 敦賀事業所にパーティクルボード二次加工工場を新設
1993年10月 会社更生手続終結決定
1995年2月 永大テクニカ株式会社(1973年8月設立の株式会社日本合板流通機構を商号変更)を施工事業会社としてスタート
1995年4月 徳島県小松島市にMDF(中質繊維板)製造の日本製紙株式会社との合弁会社エヌ・アンド・イー株式会社(現持分法適用関連会社)を設立
1997年6月 EIDAI DO BRASIL MADEIRAS S.A.の三菱商事株式会社保有株式を全て取得し、子会社化
2004年3月 人材派遣会社永大スタッフサービス株式会社を設立
2005年3月 小名浜合板株式会社の株式を追加取得し、子会社化
2005年7月 業務請負会社永大テクノサポート株式会社を設立
2006年3月 小名浜合板株式会社の第三者割当増資を引受け
2007年2月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2008年9月 EIDAI DO BRASIL MADEIRAS S.A.が自己破産の申立
2008年12月 EIDAI DO BRASIL MADEIRAS S.A.の破産申請の認可
2008年12月 小名浜合板株式会社を簡易株式交換により、完全子会社化
2011年4月 永大テクニカ株式会社の事業を永大産業に全部譲渡、8月に清算結了
2011年6月 Eidai Vietnam Co.,Ltd.を設立
2011年12月 東京証券取引所市場第一部銘柄指定
2012年5月 Eidai Vietnam Co.,Ltd.が操業を開始
2012年10月 小名浜合板株式会社の商号を永大小名浜株式会社に変更
2013年7月 環境事業を開始
2014年3月 太陽光発電事業を開始
2017年9月 PT. Eidai Industries Indonesiaを設立
2018年3月 環境事業から撤退
2018年11月 PT. Eidai Industries Indonesiaが操業を開始
2019年5月 大阪市住之江区にパーティクルボード製造の日本ノボパン工業株式会社との合弁会社ENボード株式会社を設立
2020年4月 関東住設産業株式会社を設立