粧美堂 沿革

銘柄コード

7819 (市場第一部(内国株))

時価総額

54億400万円

粧美堂 沿革

銘柄コード

7819 (市場第一部(内国株))

時価総額

54億400万円

1949年12月 大阪市東住吉区に粧美堂株式会社(資本金500千円)を設立。
1960年5月 株式会社ダイエーとの取引開始を契機に、その後ジャスコ株式会社(現 イオンリテール株式会社)、株式会社ニチイ(現 イオンリテール株式会社)、株式会社イトーヨーカ堂等、順次、総合スーパーの販路を拡大。
1975年5月 化粧小物の自社企画商品の開発を手掛けるピオニオーナメント株式会社に出資。
1980年12月 ピオニオーナメント株式会社が株式会社ピオニへ商号変更。
1996年6月 頭髪商品メーカーであったツバキ株式会社の過半数の株式を取得し、商品企画開発機能の充実を図る。株式会社サンリオとのライセンス契約を継承。
1999年7月 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社との間で、ライセンス契約を締結。
2001年5月 競業先であったパールストン株式会社の過半数の株式を取得し、従来からの総合スーパーの販路に加え、地方総合スーパー・ホームセンター・ドラッグストアへ販路を拡大。
2003年4月 株式会社ピオニがツバキ株式会社を吸収合併し、ツバキ・ピオニ株式会社となる。
2005年4月 中国国内でのディズニーキャラクターの商品化許諾権の取得。
2005年6月 中国でのキャラクター雑貨の販売と、国内への輸入の窓口を目的として粧美堂日用品(上海)有限公司(現 連結子会社)を設立。
2005年10月 販売業務の効率化を図るため、東京粧美堂株式会社(注1)とパールストン株式会社が合併。
2006年1月 商号を「SHO-BI Corporation株式会社」へ変更。
2006年7月 ツバキ・ピオニ株式会社と東京粧美堂株式会社を吸収合併し、業務の集約による効率化を図る。
2008年1月 商号を「SHO-BI株式会社」へ変更。
2009年9月 ジャスダック証券取引所(現東京証券取引所JASDAQ)に株式を上場。
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場(現東京証券取引所JASDAQ)に株式を上場。
2010年7月 中国子会社の粧美堂日用品(上海)有限公司の資本金をUS$1,000,000に増額。
2010年9月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
2011年9月 東京証券取引所市場第一部に指定。
2012年1月 本社を東京都港区へ移転。
2012年10月 中国子会社の粧美堂日用品(上海)有限公司の資本金をUS$3,100,000に増額。
2013年4月 コンタクトレンズメーカーの株式会社メリーサイト(現 連結子会社)の全株式を取得。
2015年7月 台湾でのコスメコンタクト®等の販売を目的として台灣妝美堂股份有限公司(現 連結子会社)を設立。
2018年10月 株式会社メリーサイトの商号をSHO-BI Labo株式会社へ変更。
2019年4月 中国でのコンタクトレンズのEC販売の拡大を目的として中国の現地法人と合弁で壹見健康科技(上海)有限公司(現 連結子会社)を設立。
2020年1月 商号を「粧美堂株式会社」へ変更。