中本パックスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 133億3900万 円
銘柄コード 7811(市場第一部(内国株))

中本パックスは大阪府大阪市に本社を置く企業。1988年に「中本印刷紙器株式会社」の会社分割により、「関東中本印刷株式会社」として設立。1991年、中本パックス株式会社に社名変更。2017年に東京証券取引所市場第一部指定。主な事業内容は、印刷加工(グラビア印刷)、コーティング加工、ラミネート加工及び成型加工による製品の販売。


1950年10月 印刷インキ、洋紙の販売を目的として㈱山本洋紙店(資本金500千円、本店:大阪市中央区)設立。
1951年10月 山本インキ㈱の倒産により、㈱山本洋紙店を㈱中本洋紙店に商号変更。
1952年1月 紙製品の加工を目的として中本印刷工業㈱(1968年1月 中本紙業㈱に商号変更)設立。
1959年2月 グラビア印刷加工を目的として中本グラビヤ印刷㈱(後の中本パックス㈱(大阪府八尾市))設立。
1959年3月 東神興業㈱(後の㈱中本(大阪市北区))設立。
1959年12月 段ボール類の製造加工等を目的として中本紙器工業㈱(1964年2月 中本印刷紙器㈱に商号変更)設立。
1963年10月 転写マークの製造販売を目的として日本化学印刷㈱(1977年9月 中本特殊印刷㈱に商号変更)設立。
1972年5月 ㈱中本洋紙店が㈱中本(大阪市天王寺区)に商号変更。
1976年3月 ㈱大阪中本(後の中本パックス㈱(大阪市天王寺区))設立。
1985年9月 財務体質の強化を目的として中本特殊印刷㈱が中本紙業㈱を吸収合併。
1988年3月 グラビア印刷加工の事業拡大を目的として名張中本印刷㈱設立。
1988年12月 中本印刷紙器㈱の会社分割により、大阪市天王寺区に関東中本印刷㈱(資本金20百万円、現 中本パックス)を設立。
1991年12月 関東中本印刷㈱が中本パックス㈱に商号変更。
1993年2月 中本パックス㈱(中本パックス)が本店を埼玉県北埼玉郡川里村に移転。
1993年12月 スケールメリットによる生産効率の向上、競争力の増強、コスト圧縮を目的とした、中本パックスグループ集約の方針のもと、中本インターパック㈱が名張中本印刷㈱を吸収合併し、中本パックス㈱(大阪市鶴見区)に商号変更。
1995年3月 中本パックスグループ集約の方針のもと、中本パックス㈱(大阪市天王寺区)が中本特殊印刷㈱を吸収合併。
1995年9月 包装資材の加工事業を目的として廊坊(中国)に廊坊中本包装有限公司(現 連結子会社)を設立。
1995年10月 稲畑産業㈱、サカタインクス㈱、大日精化工業㈱、㈱興人、ダイニック㈱、大福産業㈱との共同出資により、大阪市天王寺区にエヌ・ピー・ジー・ジャパン㈱(廊坊中本包装有限公司の国内持株会社、現 連結子会社)を設立。
1997年12月 中本パックスグループ集約の方針のもと、中本パックス㈱(中本パックス)が中本パックス㈱(大阪府八尾市)を吸収合併。
1998年3月 中本パックス㈱(中本パックス)が本店を大阪府八尾市若林町に移転。
1998年12月 中本パックスグループ集約の方針のもと、中本パックス㈱(中本パックス)が中本パックス㈱(大阪市天王寺区)を吸収合併。
1999年3月 中本パックス㈱(中本パックス)が本店を大阪市天王寺区に移転。
2001年3月 チャックテープ・フィルム製造・ラミネート・成型を目的として廊坊(中国)に廊坊中本新型材料科技有限公司(現 連結子会社)を設立。
2001年8月 中本パックス100%出資により、大阪市天王寺区にナピクル㈱(廊坊中本新型材料科技有限公司の国内持株会社、現 連結子会社)を設立。廊坊中本新型材料科技有限公司の出資金に関する権利を中本パックスよりナピクル㈱に100%譲渡。
2002年12月 中本パックスグループ集約の方針のもと、中本パックス㈱(中本パックス)が中本パックス㈱(大阪市鶴見区)を吸収合併。
2004年9月 包装袋及び製膜事業を目的として蘇州(中国)に中本パックス100%出資により中本包装(蘇州)有限公司(現 連結子会社)を設立。
2005年3月 中本パックスグループ集約の方針のもと、中本パックス㈱(中本パックス)が㈱中本(大阪市天王寺区)を吸収合併。
2005年12月 旧㈱アールに対し再建支援を行った後、同社より営業譲渡を受け、日用品・雑貨の製造販売を目的として大阪市北区に㈱エーオーエヌ(現 連結子会社㈱アール)を設立。
2006年3月 ㈱東京印書館のグラビア事業について営業譲渡を受け、グラビア印刷加工を目的として埼玉県比企郡ときがわ町に㈱中本印書館(現 連結子会社)を設立。
2008年7月 グラビア印刷加工の生産能力増強を目的として㈲サンタック(現 連結子会社㈱サンタック)を買収し、100%子会社とする。
2009年4月 食品容器成型に関する加工ノウハウと厚物シート印刷品の販路を獲得するため、東洋フオンシエール㈱を買収。同社が子会社である千葉グラビヤ㈱及び㈲三原化成を吸収合併し、エヌアイパックス㈱(現 連結子会社)に商号変更。
2011年3月 中本パックスグループ集約の方針のもと、中本パックス㈱(中本パックス)が㈱中本(大阪市北区)を吸収合併。
2012年1月 ㈱キタイ製作所との共同出資により大阪市天王寺区に㈱中本キタイホールディングス(中本北井(蘇州)商貿有限公司の国内持株会社、現 連結子会社)を設立。
2012年3月 プラスチック射出成型品販売事業を目的として蘇州(中国)に中本北井(蘇州)商貿有限公司(現 連結子会社)を設立。
2015年9月 中本パックスの特許(HS-PET)技術と三国紙工㈱のラミネート加工技術の提携・強化を目的として第三者割当増資により三国紙工㈱の株式を追加取得し、持分法適用関連会社とする。
2016年3月 東京証券取引所市場第二部に上場。
2017年9月 東京証券取引所市場第一部指定。
2018年2月 北米への自動車内装材関連の更なる拡販及びサービスの向上と、中本パックスグループ事業のグローバル展開の推進を目的として米国テネシー州にNakamoto Packs USA, Inc.を設立。
2018年4月 廊坊中本包装有限公司の所在地における深刻化する環境問題への対応を目的として中国河北省滄州市に滄州中本華翔新型材料有限公司を設立。
2020年5月 自動車産業のグローバルなサプライチェーンへの対応と、事業戦略の一つである海外売上比率の向上を目的としてベトナムトゥアティエン=フエ省フーロク地区にNAKAMOTO PACKS VIETNAM COMPANY LIMITEDを設立。
2020年7月 紙加工品の取り扱いを強化し、より一層の環境対応を進める目的で、三国紙工㈱の第三者割当増資を引き受け、連結子会社とする。