オリンパス【7733】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

3兆1741億7600万円

オリンパス【7733】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

3兆1741億7600万円

沿革

1919年10月 東京都渋谷区幡ヶ谷において顕微鏡の国産化とその他光学機械の製作を目的として株式会社高千穂製作所を設立
1936年4月 写真機の製造を開始
1942年6月 高千穂光学工業株式会社に商号変更
1944年2月 長野県伊那市に伊那工場(現 長野事業場)を新設
1949年1月 オリンパス光学工業株式会社に商号変更
1949年5月 東京証券取引所に株式を上場
1952年5月 医療機器の製造を開始
1955年5月 株式会社高千穂商会の経営に参加、写真機の国内販売を強化
1960年10月 測定機の製造を開始
1963年8月 東京都八王子市に八王子事業場(現 技術開発センター石川)を新設
1964年5月 Olympus Optical Co.(Europa) GmbH(現 連結子会社Olympus Europa SE & Co. KG)を設立、欧州におけるオリンパス製品の販売を強化(以後、欧州各地に製造・販売拠点を設ける)
1968年1月 Olympus Corporation of America(現 連結子会社Olympus America Inc.)を設立、米国における顕微鏡・医療機器の販売を強化
1969年5月 オリンパス精機株式会社(現 連結子会社会津オリンパス株式会社)を設立(以後、国内各地に製造関係会社を設ける)
1977年3月 Olympus Camera Corporation(現 連結子会社Olympus America Inc.)を設立、米国における写真機の販売を強化
1980年2月 東京都新宿区西新宿に本社事務所を移転
1981年11月 長野県上伊那郡に辰野事業場(現 長野事業場)を新設
1988年2月 東京都八王子市に技術開発センター宇津木を新設
1990年6月 Olympus USA Incorporated(現 連結子会社Olympus Corporation of the Americas)を設立、米国における事業基盤を強化
1993年4月 東京都西多摩郡に日の出工場を新設(八王子工場を移転)
2003年10月 オリンパス株式会社に商号変更
2004年10月 映像事業および医療事業をオリンパスイメージング株式会社およびオリンパスメディカルシステムズ株式会社(現 連結子会社)に会社分割
2005年6月 Olympus NDT Corporation(現 連結子会社Olympus Scientific Solutions Americas Corp.)を設立、非破壊検査事業を強化
2008年2月 Gyrus Group PLC(現 連結子会社Gyrus Group Limited)を買収し、医療事業における外科分野を強化
2011年4月 Olympus Corporation of Asia Pacific Limited(現 連結子会社)をアジア・オセアニアの統括会社とし、同地域における事業基盤を強化
2011年10月 オリンパスオプトテクノロジー株式会社と株式会社岡谷オリンパスを合併、長野オリンパス株式会社(現 連結子会社)とする
2015年4月 オリンパスを吸収分割承継会社とするオリンパスメディカルシステムズ株式会社の吸収分割およびオリンパスとオリンパスイメージング株式会社の合併により、医療事業および映像事業をオリンパスに吸収
2016年4月 東京都八王子市に本店所在地を変更
2020年4月 オリンパス医療分野における品質法規制機能の強化を目的に、研究開発・製造・修理企画等の一部機能をオリンパスメディカルシステムズ株式会社に吸収分割