スギホールディングス 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 5414億7900万 円
銘柄コード 7649(市場第一部(内国株))

スギホールディングスCO。、LTD。日本を拠点とする持株会社です。当社は、2つの事業セグメントで動作します。薬局のセグメントは、医薬品、健康食品、化粧品、日用品などの販売だけでなく、在宅医療に焦点を当て、地域医療取り扱いドラッグストアの操作に従事されています。医薬品セグメントは、とりわけ、日用品や食品、医薬品、健康食品や化粧品の販売に注力ドラッグストアの操作に従事されています。 2013年2月28日、当社は子会社6社を持っていました。

事業内容

スギホールディングスグループは、スギホールディングスと子会社9社及び2社により構成される。スギホールディングスグループの主要な会社は、スギ薬局とスギメディカルだ。

スギ薬局は、医薬品・健康食品・化粧品・日用品等の販売、処方箋調剤や地域の医療関係者と連携した在宅医療に取り組む『地域医療対応型ドラックストア』の経営を主たる業務にしている。

スギメディカルは、訪問看護サービス・居宅介護支援サービスの提供を通して、地域医療期間ならびに社会福祉事業者と連携を密にした『訪問看護ステーション』の経営を主たる業務にしている。

経営方針・る経営指標

スギホールディングスグループは、「経営理念」、「私たちの誓い」、「ビジョン」を定め、企業価値の向上に努めている。

「経営理念」は、「私たちは、まごころ込めて親切に応対し、地域社会に貢献します。私たちは、社員一人ひとりの幸福(しあわせ)。お客様一人ひとりの幸福(しあわせ)、そしてあらゆる人々の幸福(しあわせ)を願い、笑顔を増やします。」だ。

「私たちの誓い」は、「私たちは、常にお客様の立場にたって判断・行動し続しつづけます。私たちは、常に外と内の変化を見据え、革新しつづけます。私たちは、常に能力を拡大・深耕し、会社と共に成長しつづけます。私たちは、常に誠実でありつづけます。私たちは、常に多様性を尊重しつづけます。」と定めている。

そして、「地域の”健康・キレイ・快適・安心"を支える、身近で、気軽に、頼れる存在になります。」を「ビジョン」に掲げている。

スギホールディングスグループは、事業の継続的な拡大を通じて、企業価値を向上させていくことを経営の目標にしている。経営指標としては、利益の確保、現金の動きをを把握するキャッシュフロー経営を重視している。加えて資本効率の観点から、ROE(自己資本利益率)10%以上を基本方針とし、更なる向上による企業価値の増大に努めていくとしている。そして、連結配当性向としては、将来の事業展開や経営環境の変化などを勘案のうえで30%を目指しながら、安定配当の継続にも努めていく方針だ。

経営環境・対処すべき課題

経営環境としては、新型肺炎の拡大が長期化することによる世界全体の経済減速の恐れが強く懸念され、日本国内の経済も不透明な状況が継続しており、先行きが見通せない状況になっている。ドラッグストア業界を取り巻く環境も、業界内の競争がより厳しさを増すことや診療報酬改定に伴う診療報酬及び薬価等の引き下げが実施されることから、依然として予断を許さない状況が続くと見られる。

こうした状況下、スギホールディングスグループは、お客様の予防から介護・終末期のケアまでを一貫してサポートする『トータルヘルスケア戦略』に即した取り組みを推進していくとしている。この取り組みにより、超高齢化社会に対応した事業領域の拡充を図る。そして、積極的な出店による地域シェアの拡大及び外需の取り込みにも努めていくとしている。