ゼンショーホールディングスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 4336億1600万 円
銘柄コード 7550(市場第一部(内国株))

ゼンショーホールディングスは東京都港区に本社をおく企業。1982年に設立され、ランチボックス(弁当店)1号店、すき家(牛丼店)ビルイン1号店を開店。1997年には日本証券業協会に株式を店頭登録し、1999年に東京証券取引所第二部市場へ上場。国内外食事業では「すき家」「なか卯」「ココス」「はま寿司」「ジョリーパスタ」などを展開。そのほか、海外外食事業、小売事業、介護事業、サポート事業などを展開。


1982年6月 ゼンショーホールディングスを設立し、神奈川県横浜市鶴見区に横浜工場併設の本社を設置。
1982年7月 ランチボックス(弁当店)1号店として、生麦店(神奈川県横浜市鶴見区)を開店。
1982年11月 すき家(牛丼店)ビルイン1号店として、生麦駅前店(神奈川県横浜市鶴見区)を開店。
1986年8月 本社を神奈川県横浜市神奈川区へ、横浜工場を神奈川県横浜市緑区(現在の都筑区)へ移転。
1987年4月 本社を神奈川県横浜市神奈川区(鶴屋町)へ移転。
1987年7月 フリースタンディング1号店として、水戸店(茨城県水戸市)を開店。
1989年1月 本社を神奈川県横浜市西区へ移転。
1991年3月 神奈川県横浜市保土ヶ谷区に研修センターを開設。
1997年8月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
1999年9月 東京証券取引所第二部市場へ上場。48億円の公募増資を実施。
2000年7月 ㈱ココスジャパンの株式を取得。
2000年10月 設備・メンテナンス効率化のため、㈱テクノサポートを設立。
2000年11月 食材調達の効率化のため、㈱グローバルフーズ(現 ㈱ゼンショー商事)を設立。
2001年5月 ㈱ぎゅあんの株式を取得。
2001年7月 本社を東京都港区へ移転。
2001年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄指定。
2002年6月 消耗品、備品調達の効率化のため、㈱グローバルテーブルサプライを設立。
2002年10月 回転寿司事業の運営を行うため、㈱はま寿司を設立。
2002年12月 ㈱ココスジャパンが、㈱ビッグボーイジャパンの株式を取得。
2004年2月 グループ会社の本部機能を集約し、本社を現在地(東京都港区港南2-18-1)へ移転。
2005年1月 ㈱ココスジャパンが可口食餐飲(上海)有限公司(現 泉盛餐飲(上海)有限公司)を設立。
2005年3月 ㈱なか卯の株式を取得。
2005年9月 食の安全への取り組み強化のため、食品安全追求室(現 グループ食品安全保証本部)を新設。
2006年4月 ゼンショーホールディングスの子会社である㈱ユーディーフーズ(現 ㈱サンビシ)が、サンビシ㈱より醤油醸造事業を譲受け。
2006年5月 グループガバナンスの単純化、効率化を図るため、㈱ココスジャパンより㈱ビッグボーイジャパンの株式及び、可口食餐飲(上海)有限公司(現 泉盛餐飲(上海)有限公司)の持分を取得。食の安全への取り組み強化のため、中央分析センターを設立。
2006年6月 ㈱グローバルピザシステム(現 ㈱トロナジャパン)を設立。フード事業のM&A資金として、141億円の公募増資を実施。
2006年8月 物流の効率化を目的として、㈱グローバルフレッシュサプライを設立。
2007年2月 事業分野の拡大のため、青果販売の㈱ユナイテッドベジーズの株式を取得。
2007年3月 ㈱サンデーサン(現 ㈱ジョリーパスタ)の株式を取得。
2007年7月 すき家(牛丼店)の沖縄県出店(すき家880店舗目)による全47都道府県への出店達成。
2007年8月 人事戦略の強化のため、㈱インタービジョンコンソーシアム(現 ㈱ヒューマンロジック研究所)の株式を取得。
2008年1月 農畜産物の生産及び販売を目的として、㈱善祥園を設立。
2008年6月 ITによる事業の効率化を目的として、㈱グローバルITサービスを設立。
2008年8月 ZENSHO DO BRASIL COMERCIO DE ALIMENTOS LTDA.を設立。
2008年10月 ㈱華屋与兵衛の株式を取得。
2010年3月 ㈱なか卯を株式交換により完全子会社化。
2010年12月 求人募集業務の効率化を目的として、㈱ゼンショーベストクルーを設立。
2011年2月 ZENSHO (THAILAND) CO.,LTD.を設立。
2011年5月 株式会社ゼンショー分割準備会社(現 ㈱すき家)を設立。
2011年10月 事業のグローバル展開のため持株会社体制に移行し、社名を「株式会社ゼンショーホールディングス」へ変更。ZENSHO FOOD DE MEXICO S.A.DE C.V.を設立。
2011年12月 製造機能拡充のため、㈱GFFを設立。
2012年3月 ZENSHO FOODS MALAYSIA SDN.BHD.を設立。
2012年4月 障がい者雇用の推進及び自立支援を目的として、㈱ゼンショービジネスサービスを設立。
2012年10月 自然エネルギーによる発電事業及び電気の供給・販売を目的として、㈱ゼンショー・クリーン・エナジーを設立。
2012年11月 小売事業の拡大のため、㈱マルヤの株式を取得。
2013年4月 台湾善商股份有限公司を設立。PT. ZENSHO INDONESIAを設立。
2013年5月 事業拡大及び製造機能拡充のため、米国Pocino Foods Companyの株式を取得。
2013年10月 ㈱マルエイの株式を取得。
2013年11月 ㈱マルヤが㈱山口本店より小売事業を譲受け。
2013年12月 小売事業の一層の効率化を図るため、㈱日本リテールホールディングスを設立。
2014年1月 事業分野の拡大のため、㈲介護サービス輝(現 ㈱輝)の株式を取得。
2014年3月 ㈱マルヤを㈱日本リテールホールディングスを通じ、株式交換により完全子会社化。新規出店及び既存店の改装等の設備投資資金として、267億円の公募増資を実施。
2014年6月 地域に根ざした店舗経営体制の確立のため、㈱ゼンショー(現 ㈱すき家)を分割会社とし、㈱北日本すき家、㈱関東すき家、㈱東京すき家、㈱中部すき家、㈱関西すき家、㈱中四国すき家、㈱九州すき家を承継会社とする新設分割を実施。
2014年8月 ㈱日本リテールホールディングスが㈱尾張屋の株式を取得。
2014年10月 ㈱ゼンショー(現 ㈱すき家)のすき家事業への特化による事業強化・発展のため、「すき家」以外の事業(焼肉事業、うどん事業、ラーメン事業、カフェ事業等)を㈱エイ・ダイニング(ゼンショーホールディングスの連結子会社)へ吸収分割により承継。㈱ゼンショーを㈱すき家本部(現 ㈱すき家)に社名変更。
2015年1月 米州事業の統括を行う、Zensho USA Corporationを設立。
2015年2月 生産部門の組織強化のため、㈱ゼンショーファクトリーホールディングスを設立。
2015年4月 ゼンショーホールディングスグループ独自の電子マネーの導入を目的として、㈱ゼンショー・クーカを設立。
2015年5月 企業内保育施設の運営を行うため、㈱かがやき保育園を設立。
2015年6月 畜産事業強化のため、㈲水下ファームの株式を取得。
2015年7月 ㈱エイ・ダイニングより焼肉事業を、㈱TAG-1(ゼンショーホールディングスの連結子会社)へ吸収分割により承継。㈱エイ・ダイニングよりカフェ事業を、㈱善祥カフェ(ゼンショーホールディングスの連結子会社)に譲渡。製販分離による機能強化のため、㈱トロナジャパンより、冷凍ピッツァ等製造事業を㈱TRファクトリー(ゼンショーホールディングスの連結子会社)へ吸収分割により承継。
2016年1月 ZENSHO VIETNAM CO.,LTD.を設立。
2016年4月 ZENSHO ICHIBAN MALAYSIA SDN.BHD.(ゼンショーホールディングスの連結子会社)がラーメン、韓国料理事業を譲受け。
2016年7月 ㈱かつ庵を設立。
2016年8月 ファストフード事業の一層の強化のため、㈱日本ダイニングホールディングスを設立。
2016年9月 ㈱エイ・ダイニングよりうどん事業を、㈱久兵衛屋及び㈱瀬戸うどん(ゼンショーホールディングスの連結子会社)へ吸収分割により承継。
2016年11月 介護事業を運営する㈱ロイヤルハウス石岡及びシニアライフサポート㈱の株式を取得。中国事業の統括を行う、泉膳(中国)投資有限公司を設立。㈱日本リテールホールディングスが㈱フジタコーポレーション(現 ㈱フレッシュコーポレーション)の株式を取得。
2017年4月 損害保険代理店業務を行うため、㈱ゼンショー・インシュアランス・サービスを設立。
2017年6月 介護事業の一層の強化のため、㈱日本介護ホールディングスを設立。
2017年7月 ㈱中部すき家よりすき家事業の一部を、㈱中京すき家(ゼンショーホールディングスの連結子会社)へ吸収分割により承継。
2017年12月 ㈱山田屋アタックより小売事業を、㈱アタック(ゼンショーホールディングスの連結子会社)へ吸収分割により承継。
2018年5月 ZENSHO JAPANESE RESTAURANT COMPANY PTE.LTD.を設立。
2018年10月 ZENSHO HONG KONG CO.,LTD.を設立。
2018年11月 Advanced Fresh Concepts Corp.の株式を取得。
2019年1月 レストラン事業の一層の強化のため、㈱日本レストランホールディングスを設立。
2019年2月 東南アジア事業の統括を行う、ZENSHO SOUTH EAST ASIA HOLDINGS PTE.LTD.の設立。
2019年5月 ZENSHO HOLDINGS MALAYSIA SDN.BHD.がTCRS Restaurants Sdn.Bhd.の株式を取得。
2019年8月 ㈱ジョリーパスタを株式交換により完全子会社化。
2019年9月 ココス及びジョリーパスタ業態に関する事業子会社の統括管理事業を㈱日本レストランホールディングスへ吸収分割により承継。
2020年2月 ㈱ココスジャパンを㈱日本レストランホールディングスを通じ、三角株式交換により完全子会社化。
2020年3月 すき家事業の経営のより一層の効率化を図るため、㈱すき家本部を存続会社とし、すき家地域会社9社を消滅会社とする吸収合併を実施し、㈱すき家本部を㈱すき家に社名変更。