メディパルホールディングス 沿革

銘柄コード

7459 (市場第一部(内国株))

時価総額

5081億2200万円

メディパルホールディングス 沿革

銘柄コード

7459 (市場第一部(内国株))

時価総額

5081億2200万円

1898年10月 神戸市に創業
1923年5月 「株式会社三星堂」を設立(資本金20万円)
1995年9月 東京証券取引所及び大阪証券取引所の各市場第二部に株式を上場
1997年9月 東京証券取引所及び大阪証券取引所の各市場第一部に指定
2000年4月 「クラヤ薬品株式会社」(1949年1月設立)ならびに「東京医薬品株式会社」(1947年7月設立)と合併し、商号を「株式会社クラヤ三星堂」に変更
2001年2月 「千秋薬品株式会社」が医薬品等卸売事業の営業を開始
2003年3月 「潮田三国堂薬品株式会社」を完全子会社化(2006年4月に「株式会社潮田クラヤ三星堂」に商号変更)
2003年9月 「井筒薬品株式会社」を完全子会社化(2006年4月に「株式会社井筒クラヤ三星堂」に商号変更)
2003年12月 大阪証券取引所の市場第一部の株式等を上場廃止
2004年2月 「株式会社よんやく」ならびに「中澤氏家薬業株式会社」と経営全般にわたる業務提携
2004年4月 「株式会社エバルス」ならびに「株式会社アトル」を完全子会社化
2004年5月 「株式会社中川誠光堂(現・株式会社MMコーポレーション)」を完全子会社化
2004年10月 会社分割により持株会社に移行し、商号を「株式会社メディセオホールディングス」に変更
2005年4月 「株式会社チヤク」を完全子会社化
2005年10月 「株式会社パルタック」を完全子会社化し、商号を「株式会社メディセオ・パルタックホールディングス」に変更
2006年1月 「株式会社クラヤ三星堂」を存続会社として、「株式会社チヤク」と合併
2007年1月 「丸善薬品株式会社」を完全子会社化
2008年1月 「株式会社コバショウ」を完全子会社化
2008年4月 「株式会社コバショウ」を存続会社として、同社の完全子会社4社と合併
2008年12月 「東七株式会社」と経営全般にわたる業務提携
2009年3月 「株式会社アトル」は、「株式会社アトル那覇薬品」を完全子会社化
2009年4月 「株式会社パルタックKS」は、商号を「株式会社Paltac」に変更
2009年10月 会社分割により、メディパルホールディングスの医療用医薬品等卸売事業を「株式会社クラヤ三星堂」に承継、商号を「株式会社メディパルホールディングス」に変更。「株式会社クラヤ三星堂」は、「千秋薬品株式会社」、「株式会社潮田クラヤ三星堂」、「株式会社やまひろクラヤ三星堂」、「平成薬品株式会社」、「株式会社井筒クラヤ三星堂」と合併して、商号を「株式会社メディセオ」に変更
2010年3月 「株式会社Paltac」は、東京証券取引所及び大阪証券取引所に上場し、各市場第一部に指定
2010年4月 「丸善薬品株式会社」、「エバルスアグロテック株式会社」ならびに「株式会社アトル」の動物用医薬品等卸売事業は、「丸善薬品株式会社」を存続会社として経営統合し、商号を「MPアグロ株式会社」に変更
2013年6月 「メディエ株式会社」を完全子会社化
2014年12月 「桜井通商株式会社」を完全子会社化
2015年7月 「株式会社Paltac」は、商号を「株式会社PALTAC」に変更
2016年1月 「株式会社アステック」を完全子会社化
2016年4月 MPアグロ株式会社が行う事業のうち、食品加工原材料ならびに食品添加物の卸売業を桜井通商株式会社が承継し、商号を「メディパルフーズ株式会社」に変更
2016年5月 「SPLine株式会社」を設立