三菱食品【7451】 沿革・創業ストーリー

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

1198億1400万円

三菱食品【7451】 沿革・創業ストーリー

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

1198億1400万円

1925年3月 株式会社北洋商会の商号のもとに(旧)三菱商事株式会社の取扱う水産缶詰の国内販売会社として同社の全額出資により設立。(資本金5万円、本店:東京市麹町区)
1947年11月 連合国最高司令官により(旧)三菱商事株式会社が解散したため、その持株を三菱食品の取引先・役職員等にて譲受け。
1954年9月 (現)三菱商事株式会社が資本参加。以後、農水産物の缶壜詰類のほか一般加工食品の取扱いを逐次拡充。
1969年10月 山田商事株式会社(資本金1億円、本店:名古屋市)を合併、同時に商号を北洋商事株式会社に変更。
1979年8月 三菱商事株式会社の系列下にあった、
1981年5月 株式会社井上北洋((旧)株式会社福島リョーショク)を設立。
1989年6月 株式会社北陸リョーショクを設立。
1991年11月 フクヤ商事株式会社と茨城北洋株式会社の営業を譲受け、株式会社関東リョーショクを設立。
1992年1月 菱和酒類販売株式会社(資本金6,000万円、100%出資子会社)を吸収合併し、総合食品卸売業の機能強化を図る。
1992年1月 株式取得により四国ケンショー株式会社((旧)株式会社四国リョーショク)を子会社化。
1995年6月 株式会社リョーカジャパンを設立。
1995年7月 東京証券取引所市場第二部に上場。
1997年6月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
1999年6月 公開買付けにより埼玉県酒類販売株式会社((旧)株式会社リョーショクリカー)を子会社化。
2002年1月 株式交換により株式会社祭原を完全子会社化。
2003年1月 株式会社祭原(資本金1,000,000千円、100%出資子会社)を吸収合併。
2003年1月 会社分割により株式会社リョーショクフードサービスを設立。
2003年10月 株式会社リョーショクフードサービスが株式会社ユキワと合併し、社名を株式会社アールワイフードサービスに変更。
2005年3月 株式会社RJオグラを設立。
2005年10月 株式会社新盛((旧)株式会社新潟リョーショク)が自己株式を取得し、三菱食品の100%子会社となる。
2006年10月 三菱食品と株式会社アールワイフードサービスが合併。
2010年8月 株式取得によりトーショー株式会社(現・連結子会社 株式会社リョーショクペットケア)を子会社化。
2011年7月 「株式会社菱食」から「三菱食品株式会社」に社名変更。
2011年7月 株式交換により明治屋商事株式会社、株式会社サンエス及び株式会社フードサービスネットワークを完全子会社化。
2011年7月 三菱食品と株式会社リョーショクリカーが合併。
2011年10月 三菱食品と明治屋商事株式会社が合併。
2012年4月 三菱食品と株式会社サンエス、株式会社フードサービスネットワーク及び株式会社リョーカジャパンが合併。
2014年10月 株式会社RJオグラ、株式会社北海道リョーショク、株式会社関東リョーショク、株式会社新潟リョーショク、株式会社北陸リョーショク及び株式会社四国リョーショクを三菱食品の商品販売業務受託会社に転換。また、社名をそれぞれ、株式会社MS北海道(株式会社北海道リョーショクは吸収合併)、株式会社MS関東、株式会社MS新潟、株式会社MS北陸及び株式会社MS四国に変更。
2015年4月 株式会社福島リョーショクを三菱食品の商品販売業務受託会社に転換。また、社名を株式会社MS福島に変更。
2017年10月 株式取得により株式会社エム・シー・フーズを子会社化。
2018年4月 三菱食品と株式会社MS北海道、株式会社MS福島、株式会社MS関東、株式会社MS新潟、株式会社MS北陸及び株式会社MS四国が合併。